気楽な自宅でのボッチ飲み【自宅】

 

 

今日は奥殿が忘年会。

こんな日は外へ食べに行ってもいいのだが、忘年会真っ盛りの時期なのでどこへ行っても混んでいるだろうし、悪くすれば満席で座ることさえ叶わない。

それに他が騒いでいる中でのボッチ飲みでは、面白くともなんともない。

そんな訳で今夜は家で自炊&一人飲みだ。

 

食材はたっぷりとある。

先ずは京都の人にもらった西京漬けの魚を焼く。

今日は紅鮭。

IMGP2090

焼き方は前回やったばかりだから心得たもので、味噌を拭ってトースターで炙るように焼くだけだ。

 

袋から出せばこんなにたっぷりの西京味噌に漬けられている。

IMGP2092

この味噌を捨ててしまうのは勿体無いと思うのは貧乏性ゆえか。

 

ペーパータオルで拭ったところ。

IMGP2094

きれいに拭わないと焦げる原因になるから丁寧に拭う。

ペーパータオルで拭うのだが、手もベタベタになる。

紅色も鮮やかな立派な紅鮭だ。

 

オーブントースターにセットして8分ほど焼く。

IMGP2095

これできれいに焼けるから簡単でいい。

 

他には久しぶりのマルヘイ商店のはんぺんがある。

IMGP2098

海老と玉ねぎのはんぺんで、特に玉ねぎのはんぺんが旨い。

 

こちらはレギュラーの玉ねぎスライス。

IMGP2100

薄く切るだけでとても美味しいし、それに血液サラサラ効果があるからいい。

 

他は作り置きの切り干し大根の炊いたんとほうれん草のお浸し。

IMGP2102

IMGP2103

これに西京漬けが焼ければ出来上がり。

 

紅鮭がいい感じで焼けている。

IMGP2097

あと5分待つのだ。

 

チンと鳴って出来上がり。

IMGP2099

きれいに焼けて美味しそう。

 

今日のラインナップ。

IMGP2104

これで飲む支度はできた。

さあ飲むぞ。

 

今日のお酒は小左衛門の初しぼり。

IMGP2108

今年の新酒なので ”27BY” だ。

飲んだ感じはすべての角が円やかで、とんがった味ではなく飽きのこない飲み味。

優等生的なお酒で万人に好まれるだろが、個人的にはもう少し自己主張する酒が好きだ。

とは言え美味しい酒に違いはない。

 

きょうのツマミは和テイストなので、お酒に合う。

IMGP2106

甘じょっぱい西京漬けの紅鮭にお酒がピッタリ。

そう言えば日本語で「お酒」と言うと日本酒を指す場合もあるし、ビールやウイスキーなどの酒類全般を指す場合もある。

これが英語表記だと日本酒は ”SAKE” となるから、私の言う ”お酒” は英語表記の ”SAKE” と同じ意味だ。

 

 

つづいて今度は同じ小左衛門の ”備前雄町”。

IMGP2117

小左衛門の中では一番ベイシックなお酒で、基準となるものだと思う。

吟醸系のスッキリとしたお酒で、旨い。

 

一人酒はどうしてもペースが早くなってしまう。

ペースが早くて酔ってしまっても、自宅なので別にどうってことはないし、眠たくなれば寝ても構わないのだから気楽なものだ。

ただし自分で作らないといけないのと、片付けをしなければならないのが短所。

 

〆に何か食べようとしたらご飯がない。

ご飯を炊くというスキルがないので、冷蔵庫にあった焼きそばにしたのだけど、飲んでから作るのが面倒くさい。

IMGP2120

今日は醤油焼きそばにしたが、これが美味しい。

ソースの甘い焼きそばと違って、引き締まった味で美味しい。

日本人には醤油の味がDNAに刷り込まれているのではないかと思う程に旨く感じる。

 

あー美味しかった。

これで後片付けがなければ最高だけど、そこまでやらないと終われない。

ちゃんと片付けましたよ。

 

西京味噌の紅鮭も旨かったしお酒も美味しくて満足。

よく飲んだしよく食べた。

ごちそう様でした。

 

 

 

 

ランキングに参加してますのでクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました