飲み喰い処 「ろく」 【豊田市】

 

 

今日は軽く飲みたい気分で、素晴らしい魚料理の「ろく」にやって来ました。

 

いつもはカウンターですが、席が埋まっていて小上がり。

この店で、小上がりは初めて。

 

 

お隣は、Chineseのグループ。

「干杯」(ガンペイ)。

ろく-001

 

Chineseは賑やかなこと、、、間断なく会話が続きますが、中国語では全く意味不明。

中国語得意の〇ちゃんが一緒なら良かった。

でも雰囲気からしてとても楽しそうで、結構なことです。

 

 

 

壁にはられたタペストリー。

ろく-003

 

そう言えば、ここの大将は長崎の五島列島出身だった筈。

地元の人から贈られたものなのでしょう。

 

 

 

ここに来たら必ず頼まなければという、刺身の盛り合わせ。

ろく-004

 

素晴らしい、、、光り輝いてます。

右から、中トロ(肉の塊のような大きさ)、ヒラメ、シマアジ(ヒラマサ?)、生甘エビ、まぐろ赤身、ホタテ、赤貝、とり貝、たこ、ゆでエビ、、、十種盛り。

これで一人前ですが、二~三人前はありそうな盛り。

これだけでお腹が膨れそう。

 

家ならこれを肴一杯やって、それからご飯を添えれば立派な刺身定食が出来ます。

味は新鮮そのもの、甘エビなんてホントに甘~い。

 

 

 

合わせたお酒は岐阜の「醴泉」(レイセン)と、有名な山口の「獺際」(ダッサイ)。

ろく-008

 

醴泉も獺祭も、吟醸系の旨いお酒。

先に醴泉を飲めばいいですが、後から醴泉では少々分が悪いです。

その分、獺祭のほうがお高いでしょうか。

 

コップではなく、できれば洒落たグラスで飲みたいところ。

次回は My猪口を持参しようか。

 

 

 

海老好きな同行者のための、海老フライ。

ろく-011

 

比較するものが無いので、大きさが分かりづらいですが、デカイ海老です。

25㎝以上はあろうかという、海老。

豪快な旨さがあります。

 

 

いつもならここで寿司を頼むのですが、今日はお腹が膨れてしまい、断念。

帰り際、満席だったカウンター席の客さんがお帰りになってて、空席に。

ろく-014

 

今夜はかなり冷え込んでますので、お客さんのご帰還が早いのかも。

 

寒いから鍋なんていいかな、、、鍋が有ればの話ですが。

 

 

◆ 店舗紹介 (情報は確認してください)
飲み喰い処 「ろく」
住所 : 豊田市神田町1-4-2  α-1 1F
営業 : 12:00~14:00 / 17:00~24:00 / 日曜定休
電話 : 0565-32-7810

ホームページ Chaoo
ホームページ 「ろく」

 

 

ホームページを見れば、鍋もしゃぶしゃぶもあります。

次は鍋で忘年会かな。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました