行列のできる「あきん亭」のラーメンを食べてみたが【岐阜県瑞浪市】

 

 

長野県中川村の陣馬形山でアルプスの絶景を堪能し、ランチをしようと下界へ下りてきた。

ランチと言ってもこれが食べたいという目的はなく、駒ヶ根あたりでソースカツ丼でいいかという、曖昧で漠然とした思いしかない。

行き当たりばったりといったところだ。

 

で、駒ヶ根へ着いたが、有名どころの「いな垣」や「玉龍」などは行列ができている。

ガロ-1

photo by Sakuranbou

超有名な「ガロ」は激混み必至だから行ってもいないが、山で摘んだサンドイッチでお腹が空いていないからと、伊那から権兵衛トンネルを超えて木曽へ出て帰ることにした。

 

途中、権兵衛トンネルの手前に「こやぶ竹聲庵」という雰囲気のいい蕎麦屋があるが、ここも車が溢れかえっていたので素通り。

こやぶ-1

photo by Taberog

さすがはGWだ。

 

R.19へ出て寄ったのは道の駅「大桑」。

ここにはパン屋あり、そこのカレーパンが旨いのだ。

カレーパンを買うつもりで寄ったのだが、こんなのがある。

IMGP4739

IMGP4740

どうしようかと思ってたら、どうぞと綺麗な女性店員が試食を出してくれた。

食べたらこれが美味しい。

リンゴがシャリッとした食感で、フレッシュな感じが残っている。

思わずコレ下さいと言ってしまったが、決して綺麗な女性店員に釣られて買った訳では無い、為念。

 

続いて寄ったのは同じく道の駅の「賤母」(シズモ)。

先週も来た所だ。

IMGP4748

この辺りは道の駅が連続してあり、北から木曽福島、大桑、賤母、きりら坂下と4箇所もあって激戦区。

賤母の道の駅はすごい煙。

煙の元はソーセージ屋の焼くフランクフルトかと思ったら、五平餅屋だった。

 

我々のお目当てはフランクフルトで、これが旨いのよね。

IMGP4741

肉々しくてとてもジューシーなフランクフルト。

一本400円とそれなりの値段だが、食べれば納得の味。

このフランクフルトを知ってしまうと、他のが食べられなくなる程。

 

ここから中津川、恵那と抜けて瑞浪まで帰ってきた。

いつもの道沿いには、常に行列のできているラーメン屋「あきん亭」がある。

この時間(2時過ぎ)なら空いているのではないかと寄ってみることにした。

IMGP4751

あきん亭、初デビュー。

 

予想通り待ちはなく直ぐに入れたが、それでも店内はそこそこにお客さんは入っている。

IMGP4765

これほど賑わっているラーメン屋の味に期待する。

 

メニュー。

IMGP4753

結構ガサツなメニュー。

基本的に「あきんめん」の一種類のみで、小盛りの「かるめん」とチャーシュー多めの「チャーシューめん」とかに、トッピングの組み合わせ。

初めてなので基本の「あきんめん」(800円)をオーダー。

 

ちょっと待たされてやって来た「あきんめん」。

IMGP4757

醤油ラーメンなのね。

この店のウリであるチャーシューは意外と小ぶり。

今どきナルトが入っているのが珍しい。

それにしても雑然とした盛りで、ビジュアルはショボい。

 

食べてみればスープにはコクがなく、薄っぺらで奥行きのない味。

チャーシューは肉の旨味が抜けてしまった味で、食感はぱさついている。

IMGP4759

もしかするとこの肉でスープを取っているのかもしれないが、そうだとすればこれは出汁殻だ。

麺は腰のない平凡なもので、昔の中華そばのようなイメージ。

 

正直言って全然大したことのないラーメンで、旨くない。

奥殿も同じ感想で、この味でどうしてあれほどの行列ができるのか不思議。

IMGP4766

まったく魅力を感じないラーメンだった。

 

◆ 店舗情報 (情報は確認してください)
店名 : あきん亭 瑞浪本店
住所 : 岐阜県瑞浪市稲津町小里1266
電話 : 0572-68-8123
営業 : 11:00~20:30 / 月曜定休

HP

 

食べログの評価なんてアテにしていないが、そこでは高い評価を受けている。

ただし個人的には再訪はない。

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました