大掃除の後はタイ料理「タニサラ」で一杯【豊田市】

 

 

GWの恒例行事として大掃除がある。

そんな大掃除の今年一番の大物は、フローリングのワックスがけ。

 

ワックスがけ自体は大したことではないが、古いワックスを落とすことが大変なのだ。

汚れ落としの洗剤を塗ってブラシでこそげ落とす、これが辛い。

床に膝をついてガシゴシ、、これを続ければ確実に綺麗になるが、疲れる~。

休み休みやって完了したが、そんな重労働の褒美は外食だ。

 

シャワーを浴びて向かった先はタイ料理の「タニサラ」。

きつい仕事の後には刺激のある辛い料理が食べたいのだ。

PICT0001

タニサラはオフィス・フロアにあるため、ビジネスライクな雰囲気なのはいつものこと。

 

とは言え、店に入ればそこはタイムードの世界が広がる。

PICT0007

清潔でお洒落なレストランで、席も広くてゆったりとしているのでリラックスできる。

 

何は無くともビール。

IMGP4830

タイビールのシンハー。

スキっとしたビールで、グイッと飲むにはいい感じ。

疲れた体にビールが染み渡る。

 

昔ピラミッドを作った労働者が、仕事で疲れた後にビールを飲んで喉を潤したとあるが、4,000年後の今でもやってることは同じだ。

そう思うと大して進歩していないと言うべきか。

 

これはサービスのエビせんべい。

IMGP4834

海老の味がしっかりして美味しく、恐らく自家製。

 

奥殿のリクエストはエビ料理。

タイ料理はエビ・カニが美味しいから、丁度いい。

エビ料理のメニュー。

IMGP4827

どの料理も美味しいが、今日はクン・ピックルア(エビのピリ辛焼き、1400円)にする。

メニューでは右下の料理だが、画像が切れてしまって失礼。

 

ついでにパッホイシェウXO(ホタテとブロッコリーのXO醤炒め、980円)もオーダー。

IMGP4825

これが好きなのです。

 

ビールを飲み干してしまったらオーナーからこんなのが届いた。

IMGP4841

「松の寿」で栃木県のお酒。

酸味と甘味が程よくバランスし、山田錦の角の取れた旨さがある。

日本酒が好きな私のために用意していてくれたもので、ありがたく頂きます。

 

ガラス製の猪口には繊細な絵柄が入っている。

IMGP4843

日本の物なのかタイの物なのか分からないが、洒落た猪口。

こういう気の利いた猪口は探してもなかなか無い。

 

そうこうしていればパッホイシェウが運ばれてきた。

IMGP4844

オォ、見るからに美味しそう。

 

食べればとても美味しく、酸味と辛味の効いたXO醤で味付けされ、複雑な素晴らしい味に仕上がっている。

IMGP4845

ホタテも新鮮そうでプリっとしていて、しかも甘みを感じる旨さ。

ウ~ン、この店に来てよかったと思える瞬間だ。

 

続いて運ばれて来たのはクン・ピックルア。

IMGP4846

大ぶりなエビに香辛料が合わせて焼いてあり、香ばしい味。

この料理に奥殿も ”とても美味しい” とご満悦の様子。

 

辛味が効いてはいるが単純な辛さではなく、甘じょっぱい味という感じ。

IMGP4848

お酒もじゃんじゃん進んでしまう。

添えられている花は食べることができるのだろうか。

 

辛いものは食欲を増進させる効果があり、ご飯が食べたくなってきた。

飲んでいる最中にご飯というのもナンだが、自分のスタイルで食べればいい。

で、グリーンカレー(980円)をオーダー。

IMGP4849

カレーと言っても野菜と鶏肉の煮込み料理のこと。

 

余談だけどタイにはカレーなる料理は存在しない。

野菜や肉などを煮込み、香辛料やココナッツミルクなどで味付けたものを便宜的に ”カレー” と呼んでいるだけで、実際は煮込み料理のこと。

タイのレストランにはグリーンカレーやレッドカレーと称するものがあるが、それは観光客向け(主に日本人)に分かりやすいから、そう書いているだけだ。

 

それはさて置き、香辛料とココナッツミルクが効いたカレーが美味しい。

IMGP4850

ザクっと切られたナスがよく合う。

グリーンカレー初体験の奥殿からもとても美味しいとのことで、天下泰平。

 

カレーも旨いが、添えられているご飯が旨いのには驚かされる。

IMGP4852

タイ米ではないと思うが、硬めに炊かれたご飯がとても美味しくカレーにピッタリ。

使っているお米が上等なものなのかもしれないし、炊き方が上手なのかもしれない。

 

ご飯を食べてしまうと締めというイメージだが、まだまだ行きますよ。

続いて頼んだのはパークン(エビのチリオイルサラダ、980円)。

IMGP4853

飲んでいる途中にカレーを食べ、その後にサラダとは定石無視のメチャなオーダー順だ。

 

チリオイルと香辛料(生姜?)で味付けされた海老のサラダ。

IMGP4856

肉で言えばレアのようなエビ(もしかしたら生だったかも)は、弾けるような旨さがある。

 

ここのコックはバンコクから呼び寄せたとのことだが、相当な腕前の様子。

どの料理も美味しいということはなかなか出来ないことで、あの料理は得意だけどこれはペケということが普通。

IMGP4854

タニサラのコックはそれがなく、どの料理も高いレベルで揃っているのが大したものだ。

素晴らしい。

 

お酒も完飲してしまったので、そろそろ締めに。

〆はラーメンがいいと言ったら、奥殿はまだ食べるのと呆れ顔。

構わずカウソーイ(ココナッツミルクのカレーラーメン、880円)をオーダー。

 

やって来た〆のカウソーイ。

IMGP4858

ココナッツミルクのカレーというよりも、レッドカレーと言った方が通りがいいだろう。

食べればこれが実に旨いラーメン。

 

ココナッツミルクと香辛料で味付けされた、深みのあるスープに麺が絡まって旨い。

まだ食べるのと呆れていた奥殿にスープだけでもどうと勧めたら、美味しいと言ってる。

思い出しても食べたくなる味で、ヨダレが出てきそうだ。

 

以上で会計8,000円は安く感じる。

いや~美味しかった。

 

 

◆ 店舗情報 (情報は確認して下さい)
店名 : タイレストラン「タニサラ」
住所 : 豊田市西町5-5  ヴィッツ豊田タウン 4F 
営業 : 11:30~15:00 (ランチ) / 11:30~24:00 (通し営業) /  無休
電話 : 0565-33-5233

HP

 

 

ごちそう様でした、また行きます。

 

翌日、腕も足も筋肉痛でパンパンに。

もう一度タイ料理を食べると治る気がするけどね。

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました