酒豪女子が行きたいと言う店は「鮨処 よし田」だった【豊田市】

 

 

寿司が食べたいと酒豪女子から電話があったけど、珍しい事に彼女が店を指定してきた。

で、彼女が行きたい店は「鮨処 よし田」と言うではないか。

 

この寿司屋へは3週間ほど前に行ったところで、ブログにもアップしている。

その時の記事

彼女にはこのブログのことを話していないから、その記事を見て行きたいと言い出した訳ではないと思うけど、ご指定なので出かけてきた。

 

鮨処「よし田」は、田んぼに囲まれた鉄道のガード下という、田舎感たっぷりな所にある。

IMGP5899

中心市街地から電車で10分ほどの距離でこんな感じなのだから、豊田市も田舎だ。

とは言え保見駅から徒歩一分という便利な所で、一杯飲んで帰るには好都合な立地。

 

この店は、最近あまり見なくなった寿司屋らしい寿司屋で、今や絶滅危惧種のような存在。

IMGP5901

やはり鮨はゆったりと飲みながら食べたいもので、私にはこんな鮨屋が性に合っている。

 

今日は彼女と二人なのでカウンター席。

IMGP5907

前回は4人だったから小上がりだったけど、やはり鮨はカウンターに限る。

 

あれこれと頼むのも面倒なので、おまかせ握りにした。

IMGP5925

値段が書いてないからいくらなのか分からないけど、女性と来ていきなり金額のことを聞くのは野暮というもの。

こういうところは粋にいきたいものだからね。

 

先ずはビールで乾杯。

IMGP5903

ク~旨い、身に沁みる。

 

お通し。

IMGP5908

昆布の酢の物。

お酒にピッタリのひと品。

 

スタートは玉子焼きから。

IMGP5909

この玉子焼きは店で焼いているようで、これは珍しい。

今は業務用の玉子焼きを使う店がほとんどで、玉子焼きを店で焼くのは鮨屋のプライドだ。

 

一貫目はイカ。

IMGP5910

ネットリとしたイカが美味しくて、剣先イカだろうか。

それとここの鮨は醤油が塗られていて、伝統的な江戸前寿司の仕様。

 

まぐろ。

IMGP5912

漬けではないと思うけど、赤身のまぐろが旨い。

赤身が強いからインドマグロか。

 

ビールからお酒にチェンジしている。

IMGP5913

お酒は選ぶほどの種類がないのが残念なところ。

これは八海山。

お酒の持ち込みが可能かどうか、今度聞いてみよう。

 

二種のカレイの握り。

IMGP5914

マコカレイとメイタカレイだそうだけど、見ただけでは見分けがつかない。

大将から ”食べれば食感と味の違いが分かりますよ”  とのことで、食べたら確かに違いあるのだけど、うまく表現できない。

 

酒豪女子に聞けば ”一つは味が濃くて深みがあり、もう一つはコリコリとした食感が楽しめる” とのこと。

それを聞いた大将が正にその通りです、と応じていたから、彼女の味覚は鋭いようだ。

あちこちの店を食べ歩いているだけのことはある。

 

ここでお隣に女性の三人組が入ってきた。

IMGP5926

寿司屋のカウンターに女性だけのお客さんも珍しいと思うけど、今はそんなことを言う時代でもないか。

ナースのようで、そう言えば近くに大きな病院があるからね。

 

シャコ。

IMGP5916

昔はけっこう馬鹿にして食べていたけど、シャコもエビの一種。

今はシャコも高級品になってしまった。

 

ナマのトリ貝。

IMGP5917

トリ貝は今までも食べていて、それが生だと思っていたけど、実はあれは茹でたものだったとは全く知らなかった。

生のトリ貝を食べるのは初めて。

 

お酒も鮨もまだまだ行きますよ。

おまかせ握りは客のペースに合わせて握ってくれるからありがたい。

IMGP5918

イクラと牡蠣。

この時期の牡蠣なので、岩牡蠣だと思う。

美味しい。

 

彼女もお酒をグイグイやってるけど、全く酔った風がない。

さすが酒豪女子だ。

 

トロ鉄火。

IMGP5919

これが旨かった。

元から鉄火が好きだけど、トロ鉄火はさすがに旨い。

大葉と相性も良くて満足。

 

ウニ。

IMGP5920

ウニの巻き物は珍しいのでは。

 

このウニが卵黄のようなにトロッとしていて、ウニが卵だということを思い起こさせてくれる。

いつものウニが別物と思えるほどに旨い。

 

穴子。

IMGP5921

甘いツメではなく醤油(みりん醤油?)が塗られていて、上品な味に仕上がっている。

江戸前の寿司らしいひと品だ。

 

いや~よく食べたし、よく飲んだ。

IMGP5923

彼女も美味しかったとのことで、ご同慶の至り。

お酒も含んでこれで10,800円(二人)は、かなりお安いのでは。

 

やはり鮨はカウンターで食べるに限る。

IMGP5927

カウンター越しに大将と客との間でのキャッチボールが上手く行けば、握るテンポもいいだろうし食べるリズムも良くなる。

そのリズムとテンポが合うのが相性というもので、この店は私にとって波長の合ういい店。

 

また電車に乗って行きますので、よろしく。

 

⇒ 食べログ 「鮨処 よし田」

 

それとこの店の存在を教えてくれたAlmazさんにも感謝しないとね。

人というのはいろんな縁で繋がっているから、縁は大事だ。

 

今日の彼女との話の中でも思いもよらな繋がりがある話があって、驚いた次第。

そんな繋がりや出会いがあるのは、実に楽しいことだ。

 

美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

で、時間はと彼女の時計を見れば、前とは違うBREITLING。

さすが腕時計が好きな彼女だ。

IMGP5931

まだ9時なので、豊田まで帰ってもう一軒。

またまた日本酒をガンガンいってしまい、私は出来上がり。

 

次は9月に〇〇でと言われたことは覚えているけど、あとは記憶が曖昧。

やはり酒豪女子は強いね。

 

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました