笑う門には福来たる、綺麗な人と「みや古寿司」で一杯【豊田市】

 

 

友人女性から ”明日の夕方は空いてますか?” とメール。

彼女は上品で綺麗な女性で、そんな彼女に ”空いてますか” と聞かれて、”空いてない” などと応えることなど、私には想像すらできないこと。

 

”空いてます” とOKの返事を出したのは、言うまでもない話だ。

で、せっかく豊田市まで来てくれるのだから食事でもということで、食事にお誘いをした。

 

わざわざ来てくれたのは、お土産を届けに来てくれたもの。

彼女が諏訪方面に旅行に行った折に、酒好きな私のためにお酒を買ってきてくれたのだ。

 

これがそのお酒。

諏訪の有名なお酒「真澄」で、これはその真澄の「あらしばり」。

「あらしばり」とは、お酒の元になる醪(モロミ)を搾る際、初めの方に出くるお酒で、フレッシュな感覚の味が楽しめる。

 

と、酒について書いたけど、そんなことはどうでもいいことで、酒好きの私に買ってきてくれたという彼女の心情が嬉しい。

ありがたく頂戴した。

 

で、食事だけど、彼女は肉系がダメな人なので洋食系はペケ。

和食がいいだろうということで寿司屋にした。

 

当てにしていた寿司屋に電話したけど、カウンターが満席だったので別の店にした。

向かった先は警察署の目の前にある「みや古寿司」。

昔からある店だけど、最近建て替えてイメージ一新の寿司屋。

2週間ほど前にも行った店で、再訪だ。

 

我々が一番客で、貸し切り。

綺麗な女性と一緒だと、いつもと違って画像をあまり写していない。

どこそこ上気しているのかも。

 

彼女は車なので温かいお茶、私は冷酒でいく。

お酒は蓬莱泉の「可」(ベシ)。

万人に好まれそうなお酒で、「空」で有名な蓬莱泉の中では最も一般的なお酒だ。

乾杯の画像も撮り忘れてしまったが、やはり地に足がついてないね。

 

これは彼女オーダーの「えび芋と大根の炊合せ」。

京風の薄味で、如何にも彼女が好きそうな料理。

一つ貰って食べたけど、えび芋のネットリとした味と食感が素晴らしい。

 

あとから聞けば、マスターの息子くんが京都の料理屋で修行したとのとこで、この炊合せはその彼が作っているのだとか。

道理でえび芋を使っているし、味付けも三河とは違い上品な薄味なのだ。

 

寿司屋さんに来たのだから、寿司も頼む。

あれこれ頼むのも面倒なので、上寿司を適当な間隔で出してもらうようにお願いした。

 

先ずはカンパチとトロという豪華なペアが来た。

って、思わず食べてしまったので、彼女のものを撮らせてもらった。

 

トロも美味しかったけどカンパチもいいね。

歯ごたえのあるプッチリとした身が旨い。

 

ここでぶり大根の登場。

ぶり大根はブリのアラで作るけど、アラと言ってもここのブリは身がたっぷり残っていて、家で作るぶり大根とは違う。

やはり料理屋さんの素材は、モノが違うということか。

 

二杯目のお酒は三千盛にしてみた。

岐阜は多治見のお酒で、通好みの辛口のお酒と聞いている。

 

徳利も猪口も替えてくれた。

飲めばやはり辛口で、サラサラとした飲み味。

ぶり大根のような濃い目の料理には合うと思う。

 

飲んだり喋ったりで寿司を食べるペースが落ちて、下駄の上には寿司がてんこ盛りに。

鉄火にかっぱが巻いてあり、食感が変わっていて美味しい。

それと同じようにイカ巻きにもかっぱが巻いてある。

 

寿司は他にもあれこれとあったと思うけど、話が面白くて画像もないし覚えもない。

いつもはあまり話さない彼女も今日はよく話しているから、この店と波長が合うのだろう。

 

もうちょっと飲みたいということで、再び「可」をオーダー。

私はアテがないと飲めないので、つまみに軽く刺し身をとお願いしたのがこれ。

軽いつまみ程度と思っていたけど、しっかりと盛られていた。

中でもツマとして盛られていた海藻(名前は失念)がすごく美味しかった。

極端に言うと魚よりも海藻のほうが美味しかったほどだけど、それは失礼というものか。

 

マスターの気遣いで、フルーツが彼女に振る舞われた。

こういうことをされるのが、女性には嬉しいのだろうね。

 

結局はじめから最後まで二人でカウンターを独占していた。

綺麗な女性と一緒に寿司を食べながら、大将も交えて大笑いするのはとても楽しいひと時。

笑う門には福来たる、と言うけど、笑いにプラスして美味しいものと綺麗な人が一緒と言うのは、ありがた過ぎる話だ。

 

みや古寿司

 

いや~、楽しかったし美味しかった。

また次回もやりましょうということで、お開きに。

ごちそう様でした。

 

 

 

ランキングに参加してますのでクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました