二日目の主夫(シェフ)のメインは鶏のクリーム煮【自宅】

 

 

主夫(シェフ)も二日目で、今夜のメインディッシュは鶏のクリーム煮だ。

と、その前に、この間 カメラが欲しい との話から、ガスコンロを新調したいという話に飛んでしまったが、奥殿がカタログを貰ってきて欲しいとのこと。

彼女は本気だ。

 

奥殿が貰ってくればいいのだが、時間に押されている奥殿に代わって私が貰ってきた。

出来たダンナだ。

 

メーカーのカタログは夢を売るような綺麗なもの。

台所は女の城とも言うから、この先は奥殿が選ぶ世界。

女の城のことに男がつべこべ言ってはならない。

この辺りの領地の境界を間違えると女性に鬱陶しがられるから、気を付けないといけない。

 

それにしてもガスコンロも進化しているようだ。

食べることは人生の基本なので、料理は疎かにできない。

 

料理が美味しければ人生も楽しくなるから、それを作る道具も大事。

コンロを新調して料理がより美味しくなれば、ご同慶の至り。

ただし私のカメラが欲しいという話は、雲散霧消してしまったが。

 

前置きが長くなってしまったけど、シェフ二日目の料理。

今夜は鶏のクリーム煮をメインディシュにして、豚肉入りの野菜炒めを一杯のアテにし、〆はチキンライスにする。

材料はこれ。

私は材料を用意しながら料理を作るという ”複線” の仕事ができないので、材料は事前に全て準備しておく。

この辺りは材料を刻みつつ料理も作ってしまうプロには敵わないところ。

 

野菜炒めの決め手はオイスターソース。

最近オイスターソースの出番がかなり多いが、それだけ美味しいということ。

 

それと鶏のクリーム煮だけど、私の作るクリーム煮はレトルトのパスタソースを使った超手抜きのもの。

簡単に出来るししかも美味しいのだから、レトルトは助かる。

 

こちらはいつものオニオンスライス。

大葉(紫蘇)を入れると、風味がぐんと増す。

 

奥殿が帰ってきたので、先ずは野菜炒めから作る。

オリーブオイルで肉と野菜を炒め、最後にニラを加えてオイスターソースで味付けるだけ。

簡単な料理でもオイスターソースのお陰で味わい深いひと品になる。

 

取り敢えず野菜炒めとオニオンスライスで一杯だ。

プッハ~、ビールが旨い。

 

二杯目のビールは白と黒のハーフ&ハーフ。

新ジャンルのビールだけど、色々楽しめるし美味しい。

しかも安上がりだしね。

 

ビールで喉が潤ったらメインディッシュの鶏のクリーム煮。

鶏もも肉とタマネギを炒め、レトルトのパスタソースを加えてほうれん草を入れれば出来上がり。

 

超手抜きのクリーム煮だけど、これが美味しい。

通常はこの辺りからお酒にするけど、これにもビールを合わせた。

どう見てもお酒よりビールが合うからね。

 

濃厚でチーズの味も効いた味なのは、カルボナーラのソースを使ったから。

濃厚なソースと淡白な鶏肉の相性がよく、美味しい料理になっている。

奥殿から「まるでレストランで食べているように美味しい」とのことで、恐縮至極。

 

ビールでいい気分になったので、そろそろ〆のチキンライスにする。

チキンライスは私の得意の料理なのだ。

 

材料はまたしてもタマネギと鶏肉。

今夜だけでもタマネギを一個使ってしまったけど、タマネギは煮ても焼いても生でも食べられるから、使い勝手のいい野菜だ。

それに健康にも美肌にもいいらしいので、一石二鳥だ。

 

ちゃちゃちゃっと作って、ハイ出来上がり。

ウ~ン、美味しい。

自画自賛で恐縮だけど、パラッパラのチキンライスが旨い。

 

これを玉子で巻けばオムライスになるけど、その技がないのが残念。

以前挑戦してみたけど上手く出来ず、諦めた。

素人だから出来ないことがあっても仕方ないけど、簡単にオムライスを作ってしまうプロのコックさんは流石だ。

 

いつも家飯しばかりで、このブログのカテゴリー(中部食べ歩き&豊田情報)からは外れていて恐縮に思うから、偶にはプロの料理を味わいに外食に行きますかね。

 

今夜も美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました