スパイシーでコクのある「松屋」のビーフカレー【豊田市】

 

 

今日はカレーが食べたいという気分。

この地域でカレーとなればCoCo壱番屋が真っ先に浮かぶけど、それ以外のカレーも食べたいもの。

 

カレーはどのファーストフード店にもあるから選択肢は多い中、今日は松屋のカレーにしてみた。

わざわざ松屋を選んだという積極的な理由は特になく、吉野家でもすき家でも、或いはかつ里でも良かった。

たまたま入った店が「松屋」だっただけのこと。

 

店は券売機で食券を買うシステムだけど、私の直前に入った暑苦しいほど太目なカップルの買い方が実に遅く、イラッとする。

食券のパネルを開いてから二人で相談しながら選んでいるので、時間がかかるのだ。

参考画像:美栄子の熊谷ライフより

アレがいいとかコレがいいとか喋りながら選んだものを、やっぱり大盛りにしようと取り消したり、サイドメニューもアレだコレだと行きつ戻りつなので、えらく時間がかかる。

時間にすればわずか数分のことだろうが、待たされる側にとっては永遠の時間に思える。

 

私は予定通りのビーフカレー(590円)でいく。

店内にはそこそこのお客さんがいるのに、客は一様に押し黙っているから、店員の声しか聞こえない異様な雰囲気。

ファストフードの店だから余計な話をしないのが普通なのだろうが、食事に来たという感じはなく、補給に来たと言った感じがする。

 

待つこともなく運ばれてきたビーフカレー。

オオ、美味しそう。

画像にある通り、カレーにも味噌汁が付いてくるのはありがたいけど、カレーに味噌汁って合うのだろうか。

 

牛肉もけっこう入っている。

もう少し厚みのある角切り肉なら最高だけど、590円という値段からすれば上出来か。

 

タマネギもたっぷり入っていてうれしい。

煮込まれてトロトロのタマネギも美味しいけど、コレぐらいのシャキとっとした食感の残ったタマネギも好きなのだ。

 

撮影タイムが済めばさっそく ”いただきます”。

食べればコレが美味しい。

スパイシーな味のカレーで、味に深みを感じる旨いカレー。

 

辛さも結構あり、お子ちゃま向きのカレーではなく大人の味。

辛さが苦手な人には辛過ぎに感じるかもしれないが、後味も爽やかな辛さで美味しい。

 

牛丼がメインの松屋だと思ったけど、カレーもかなり本格的でビックリ。

このカレーならCoCo壱番屋のカレーにも十分太刀打ちできるのでは。

 

福神漬けはペラペラにカットされた赤色のものではなく、しっかりとした物だった。

この福神漬けが美味しくて、もっと欲しいほど。

 

牛丼だと汁ダクとか肉多めとかと頼めるらしいから、福神漬け多めと頼めるのだろうか。

私にはそう言って頼む勇気がないから言えないけど、どうなんだろう。

 

味噌汁は場違いな感はあるけど、あればあったでうれしい。

ただしカレーの途中で飲む気にはならず、最後にスープのように飲み干した。

スパイシーなカレーを食べた後だから、味噌汁の味はよく分からなかったけど、普通に飲めた。

 

牛丼屋の松屋のカレー。

かなり本格的なカレーで、思った以上に美味しかった。

他にもハンバーグカレーというメニューもあったから、これも食べたくなった。

美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

 

ランキングに参加してますのでクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました