ワインバー「花筐」は本格的な珈琲の店でもあった【豊田市】

 

 

友人女性が豊田市美術館に来たついでに食事に付き合ってもらったが、二軒目もお付き合い願った。

 

二軒目に行ったのはワインバー ”花筐” (ハナガタミ)。

この店はコーヒーも飲めるはずなので、車のためお酒が飲めない彼女もOKと思って来たのだ。

店は平日の夜とあって、空いている。

 

彼女は以前この店に来たことがあるとのことだけど、喫茶店としか知らないとのこと。

私はワインの店という事しか知らない。

 

そのことをマスターに話せば、ワインバーを始めたのは3年前で、それ以前は喫茶オンリーだったとのこと。

なので彼女の話も正しいし、最近のことしか知らない私の話も正しいということで、大笑い。

 

そんな彼女のオーダーは当然ことながらコーヒー。

彼女の選んだ薄いブルーのカップがステキだ。

こういったところのセンスは彼女ならではのもので、一朝一夕にできるものではない。

 

常から芸術に接している彼女なので、自然に審美眼が養われているのだろうか。

何れにしてもセンスのある彼女だ。

 

私は当然のようにワイン。

例によってワインのことは詳しくないので、少し重めの赤で、と頼んだ物。

 

マスターが選んでくれたのはこのワイン。

藤野ワイナリー ”ピノノワール 2015”。

北海道・札幌のワイン。

飲めばイチゴのような甘みもあるし、焦げたような香りもする深淵な味。

 

ワイン初心者の私だけど、深みのある味で旨いと思う。

マスターからも、飲んで旨いと思えればそれでいいのですよ、とのこと。

こんな風におだてられて ”ワイン沼” にハマっていくのか。

 

彼女がコーヒーに付いていたチョコを半分くれた。

濃厚なチョコに酸味の効いたオレンジ ピール?が練り込んであるようで、ワインのツマミとしても旨い。

 

何もないのも寂しいから、チーズを頼んだ。

マスターから説明を受けたけど、何のチーズだったか忘れてしまった。

 

二杯目は華やかな赤を、と頼んだワイン。

軽いタッチのワインでデラウェアの味がする、と言ったら、マスターから ”あなたの評価は正しい” と褒められた。

 

このワインは食用のブドウで作ったものとかで、故に食用のデラウェアの味がするというのは尤もなことだとか。

こうして褒められて、益々 ”ワイン沼” にハマっていくのだろうな。

 

調子に乗って三杯目。

もうこの辺りになると記憶が曖昧で、どんな味だったか覚えがない。

旨かったということだけは覚えているが。

 

やおらマスターが ”あなたのブログを見たという女性が来ましたよ” と言うではないか。

そしてそのブログにはこの店のことが書いてあったという。

 

マスターには私がブログをやっていることを話していないから、マスターも ”ブログをやっている人って誰だろう?” と思ったとのこと。

その女性にこのブログのことを教えてもらって、それで私のことだと思ったとか。

 

ありがたいことに、女性は私のブログのファンとのことで、いつもチェックしているらしい。

で、彼女の行きつけの店がこの ”花筐” で、私がブログにアップしたのを見たということだ。

 

彼女が私のことを ”どんな人だった?” とマスターに聞いたというので、マスターに何と応えたのかと尋ねれば

見たまんま伝えましたよ

と言うではないか。

 

ヴェ、それはそれで間違いではないが、せっかく夢を持って私のことを想ってくれている女性に、夢を壊すようなことをしなくても、、

少しは話を盛ってくれればいいのにネ。

 

因みにその女性はどんな人?と聞けば、40代くらいの綺麗な女性です、とのこと。

嗚呼、ますますマスターの正直な応答が恨めしい。

 

ワインです。

このワインは樽で長期熟成させたものとか。

そう言えばこのワイン、私が何も言わないのに出されたもので、これってさっきの女性の一件のことに対するマスターの詫びの一杯ですか?

 

それはともかくとして、ワインを樽で長期に渡って熟成させるのは珍しいとのこと。

長期熟成と聞いて重いワインかと思いきや、以外にもサラッとしたタッチ。

ただし膨よかな丸みもあって、円熟の味とでも言うところか。

 

男もワインのように歳とともに熟成していかないとね。

 

和飲・珈琲「花筐」(ハナガタミ) 食べログ

 

この店はワインバーと思っていたが、実は本格的な珈琲の店でもあったのだ。

しかも喫茶店としての歴史の方が遥かに長いという。

 

こんな店が豊田にあったとは気が付かなかったが、迂闊だった。

名古屋から来てくれて食事にお付き合いしてもらった上に、ワインバーまで付き合ってもらい、ありがとうございました。

 

それとブログを見てくれている女性にもお礼を申します。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました