”好きです”と言われればスカイツリーにも登る?【自宅】

 

 

先日このブログに ”勘違い男の晩ご飯…” という記事に、ある方からのメールをネタにした記事を書いた。

直後にその方からメールが届いたのだが、ネタとして勝手に書いたから、もしかしてお小言のメールかと、ビビって開けてみた。

 

そしたら、あなたの料理も好きだけど

あなたのことも大好きです

と書いてあるではないか。

 

今世紀始まって以来の慶事 !!

空前絶後にして前代未聞の超絶嬉しい言葉 !!

 

まさに天にも昇る心境で、清水の舞台から飛び降りるのではなく、清水の舞台でもよじ登れそう。

いやいや、今ならスカイツリーにだって登ってしまいそうだ。

 

男とはかくも単純・単細胞な生きもので、褒められれば木にだって登るのだ。

 


 

そんな日の晩ご飯は、奥殿から作って欲しいと連夜の依頼。

さっきの嬉しいメールが頭に残ったままの私なので、ご飯ぐらい喜んで作りますヨ。

ナンならず~っと私が作ったっていいぐらいだ。

 

ということで、今日の晩ご飯も私が作ることにした。

ただし顔の筋肉が緩んでいるのを悟られないよう、努めて冷静を装っていたが。

 

昨日は麻婆春雨だったから、今日は鶏もも肉のクリーム煮でいってみる。

もちろんレトルトのソースを使ってだ。

 

これがそのレトルトソース。

見た通りのパスタソースだけど、これを流用してしまう。

 

具材はこんな感じ。

ソーセージは別の料理に使うが、それ以外は全部入れてしまう。

野菜はあったものを適当に合わせただけのことで、何でもいいというお気楽なもの。

 

鶏肉をジャー。

ここで塩コショーをしてある。

 

野菜も入れてジャー。

かなりのボリュームになっている。

この段階で醤油か塩で味付けてしまえば、これはこれで一つの料理になる。

 

鶏肉と野菜が炒まったところへカルボナーラソースをドッバー。

インゲンもあったのでそれも入れてビジュアルを良くする。

これでちょっと煮込めばハイ出来上がり。

実に簡単な料理だけど、これが美味しいのよね。

 

お皿に盛ればレストランで食べるようなひと品に変身。

名付けて ”鶏もも肉に春野菜を合わせたミルクたっぷりのクリームソース煮” 。

食べればコレが超絶美味。

 

塩味の効いたカルボナーラソースに、鶏肉が絡まって実に旨いのだ。

奥殿からもホントに美味しいとのことで、恐悦至極。

自画自賛で恐縮だけど、確かに今日の出来はとても良くて、実に美味しいのだ。

 

以前と変わった点と言えば、鶏肉を炒めるのに中火の弱い火で長く炒めたこと。

そのためか、鶏肉が柔らかくジューシーに仕上がっているのだ。

 

あまりにも美味しくて、私も奥殿もオカワリ。

二皿目は明日の朝ごはんにしようと思っていたけど、美味しいうちに食べるのが華とばかりに、一気にいってしまう。

鶏肉もゴロゴロと入っていて、ボリュームもたっぷり。

 

さすがにビールではお腹が張ってしまってキツイので、お酒にチェンジ。

今日は小左衛門の備前雄町。

 

今年の春に行われた、小左衛門の蔵開きの時に買ったのと同じお酒で、飲んだらやはり旨い。

あまりの美味しさに、その時は試飲会用の特別バージョンかと思ったが、こうしてレギュラーでも出していたのだ。

 

奥殿もやぱりこのお酒は美味しいということで、珍しく二合目を注いでいる。

オニオンスライスとの相性もバッチリで、頗る旨い。

小左衛門も軽く二合は飲んでしまったが、もっと飲みたいぐらいだった。

 

最近は飲んでお終いというパターンが多かったが、今日はご飯を食べることにした。

夜中にお腹が空くのが辛いからね。

 

おかずはソーセージとニラの炒め物。

ついでに余っていたエノキも入れたけど、エノキは少な過ぎた。

今日は塩だけで味付けてある。

 

ソーセージをチャチャッと炒め、御飯と味噌汁に合わせて、いただきます。

う~ん、美味しい。

やはりご飯をたべるとお腹も納得するね。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

って、最後まで顔の筋肉が緩みっぱなしだったが。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました