出汁が命の小料理屋「粋季」で味わう鰻の白焼き【豊田市】

 

時系列が前後して恐縮だけど、ちょっと前に美女と食事をしてきた。

行った店は和食の店で、出汁が命という「粋季」(イッキ)。

最近ちょこちょこ行く店だ。

 

土用の入りをしているから鰻もいいかなと思い、彼女に鰻はどうかと聞けば、大好きとのこと。

で、予約の時に鰻を頼んだけど、その日に鰻が用意できるかは分からないと言う。

 

実は「粋季」のマスターの実家は鰻屋。

たまたま予約した日が実家の鰻屋が定休日で、親父さんが家に居なければ鰻が手に入らないとのことだ。

 

で、どうだったかな?とメニューを見てみれば、あるではないですか、待望の鰻が。

しかも私の好きな白焼きと言うから、嬉しい。

彼女からも ”良かったね” と言うことで、先ずはメデタシ。

 

早速ビールを一杯。

美女に注いでもらえるというのは実に嬉しいことで、ビールもより旨くなる。

乾杯の画像は撮り忘れてしまった。

 

それにしても画像で見る彼女の手が綺麗で、色気すら感じる。

綺麗な人は、どこを撮っても絵になるということか。

 

さっそく鰻を頼んだのは勿論のことだけど、焼き上がるまでにはちょっと間があるから、彼女オーダーの夏野菜の揚げ浸しをもらう。

野菜が好きな彼女らしいオーダーだ。

 

これはカマンベールチーズに奈良漬を巻いたもの。

以前ここで食べて、その美味しさにすっかり病みつきになったもの。

メニューには載っていないけど、材料があれば作ってくれる。

 

そうこうして飲んでいれば、鰻が焼けた。

オォ、立派な鰻でしかも肉厚。

白焼きなのでワサビを乗せ、出汁醤油で食べるのだが、これが旨い。

 

蒲焼きも旨いけど蒲焼きはタレの味で食べてしまうが、白焼きは鰻本来の旨さを味わえる。

ただし白焼きは鰻が良くないと魚臭く感じてしまい、美味しくない。

その点蒲焼きは、言っては何だけどごまかしが効く。

白焼きは素材の良さが問われるけど、今日の白焼きはとても美味しかった。

 

こんな旨い鰻に合わせるのは、やはり日本酒。

銘柄は新潟の朝日山。

柔らかいお酒で、鰻ともよく合う。

それに何と言っても美しい人と食事すれば、余計に美味しくなるというもの。

 

美味しいアテとお酒を味わっていれば、マスターがこんなお酒もありますが、と看板ごと持ってきた。

この中の「是」(ze)を頼んだけど、地元愛知県のお酒とのこと。

初めて聞く名前のお酒で、もちろん飲むのも初めて。

で、その味はというと、これが全く記憶にない。

やはり美女と飲んでいるとそちらに意識が行ってしまい、お酒のことなど上の空なのだ。

 

これは飛騨牛のさんしょう煮。

飛騨牛が旨いというより、山椒の効いた出汁の味が抜群に旨かった。

肉がダメな彼女だけど、スープだけは残さず飲んでいたから、やはり相当に美味しかったようだ。

さすが ”出汁が命” と言うだけのことはある。

 

私は更にお酒を頼んだけど、何を頼んだか忘れてしまった。

彼女からは ”酔っぱらいの完成だね” と言われたから、やはり酔っていたのか。

普段はこれぐらいでは酔わないが、今夜は美女に酔ってしまったようだ。

 

今夜の「粋季」のママは、珍しくメガネっ娘。

キャリア系のOLか、女子大生風というと怒られるか。

 

メニューにカツがあったから、それを頼んでみた。

それがコレ。

トンカツだと思って食べれば、これが全く違う味。

 

実はビフカツだったのだ。

しかもレアに仕上げられたカツで、頗る旨い。

肉がダメな彼女には申し訳なかったけど、独り占めして全部食べてしまった。

ビフカツなんて数年ぶりだと思うけど、素晴らしく旨いカツだった。

 

この店は刺し身から鰻、それにビフカツまでとレパートリーの広さに驚かされる。

しかもそのどれもが美味しいのだ。

ちょこちょこ行きたくなるのも無理からぬ事だ。

 

小料理屋「粋季」 Facebook

 


 

話は変わるけど、ワインの会があるそうだ。

粋季のマスターも関わっているとのことで、宣伝を頼まれたので貼っておきます。

詳しいことはこちらまで

 


 

やっぱり綺麗な人と飲むのは楽しいね、ごちそう様でした。

またお願いします。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました