歌舞伎の ”幕見” ならぬ大相撲の ”チョイ見”【大相撲豊田場所】

 

 

大相撲が豊田にやってきた。

相撲が好きな奥殿の母のために、奥殿がチケットを用意してあった。

チケットを見てビックリ。

椅子席で9千円もするとは、相撲は高いのね。

 

当日は奥殿が実家へ母親を迎えに行くので、相撲を見るのは昼頃になるとのこと。

相撲は朝が早く、開場時間が8時で、朝稽古(朝の取り組み?)は8時半から始まるとのことなので、奥殿のチケットで仕事の前にちょっと覗いていくことにした。

 

会場のスカイホールには幟も立っていた。

天気も良くていいね。

 

会場の外には屋台も出ている。

裸のお相撲さんが出歩いているのがいい雰囲気だ。

 

会場の入口。

相撲なので、高齢者が多いのは当然か。

それと小さい子を連れた若いお母さんが多くいたのは意外だった。

稀勢の里の横綱昇進や高安の大関昇進などで、相撲の人気が高まっているためか。

 

土俵はこんな風に作ってある。

本場所のような屋根が無いのが、ちょっと寂しい。

 

土俵の上では朝稽古?が行われていた。

夏だからか、みんな日焼けしているようで褐色の肌。

相撲は詳しくないので、誰が誰かさっぱり分からない。

 

一人だけ分かるのは、大関の高安だ。

一段と肌の色が濃く、それに毛深いから一目で分かる。

この時点では横綱は一人も居ない。

それと横綱の稀勢の里が、ケガの治療に専念するとのことで来ていないのが残念。

 

私の近くの子供に話かているのは、誰だったけ?

見覚えがあるようなお相撲さんだったけどね。

 

会場の隅では立ち会いの稽古をしているお相撲さんもいる。

近くで見るお相撲さんは、みんな大きくて体もしっかりとしている。

ただ単に太っているのではなく、ガッチリとした体格だ。

 

朝からビールでも飲んでの相撲観戦もいいね。

仕事があるから引き上げないといけないのが残念。

 

歌舞伎の ”幕見” (一幕だけ見ること)と同じで、相撲の ”チョイ見” はこれにて終了。

大相撲の雰囲気だけでも味わえて面白かった。

 

次はいつ豊田に巡業に来るのか分からないけど、チャンスがあればゆっくり見てみたいものだ。

次回に期待ということで。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました