ランチの寿司は失敗だったけど夜のビールは旨かった【自宅】

 

 

昼ごはんを何にしようかと迷う。

カツカレーも良さそうだし、久しく天ぷらも食べていないから天丼もいい。

でも暑いからと言うことで寿司にした。

 

寿司と言っても仕事中に高級な店には行けないから、自動的に回転寿司になる。

回転寿司ではと思うけど、他に選択肢がないから回転寿司屋へ。

 

結果は、失敗。

と言うより、回転寿司の寿司がこんなにクオリティーが低かったのかと、再認識させられた。

 

頼んだのは昼メニューのナントカ握り(980円)。

この画像だけみればそこそこいい感じだけど、とにかく寿司が不味いのだ。

 

シャリは酢飯の味がせず、ネタは水っぽくて味がしない。

強いて言えば酢で締めたコハダが良かった。

まあ、値段からすれば文句も言いにくいが、値段に見合う満足感はなく、美味しいという感想からは程遠い。

 

味噌汁はセルフで飲み放題とのこと。

飲み放題とは言え、二杯も飲めた代物ではない。

味噌や出汁の味は全く感じず、塩の味がする。

 

しかも味噌汁の具はほどんど無かった。

味噌汁をよそっていたら、店員さんが ”具がほどんど無くてごめんなさい、他のお客さんが掬っていってしまったので、” と謝るほど。

別に店員さんが悪いのではなく、具ばっかり掬っていくという、浅ましい根性の客が悪いのだ。

たまたま高齢者の客が多かったけど、人生の経験豊かな高齢者がすることではない。

 

更に言えば、人生も味の経験も積んだであろう高齢者の方は、安さを追求した店に来るのではなく、気の利いた寿司屋に行くべきだ。

あなた方のような高齢者の方は、若い人たちの手本なのであって、若い人たちから「歳を重ねたらあの人達が行くような寿司屋に行きたいものだ」と思わせなければならない立場。

 

それが回転寿司では、夢も希望もないではないか。

しかも味噌汁の具を漁るような見苦しいことまでするようでは、、

 

すいません、言いたい放題でした。

 

寿司も不味いし、味噌汁も不味い。

加えてお茶も絶望的に不味くて、救いようがない。

サービスエリアの無料のお茶の方が遥かに旨いレベルと言えば、分かってもらえるだろうか。

 

名古屋の立喰いの店 ”鮨屋とんぼ” の寿司を思うと、これが同じジャンルの寿司とは思えない。

全く別の食べ物で、大失敗だった。

カツカレーか天丼にしておくべきだった。

文句垂れ垂れで、恐縮。

 

あ、回転寿司ファンの方がいたら、申し訳ない。

個人の独断に基づく評価なので、お気にされぬように。

それと店名は敢えて伏せてあるのは、営業の妨害が目的ではないからだ。

 

そんな日の晩ご飯は、事情があって私が作ることに。

事情と言っても奥殿に逃げられたとかではなく、奥殿が多用で私が作ることになっただけのこと。

 

昼にカレーを食べ損ねたのでカレーもいいけど、私にはカレーを作る技量が無い。

なのでそれに近いものとして、鶏肉のトマトソース煮を作ることにした。

 

トマトソース煮といっても、いつものレトルトのミートソースを使ったものだ。

本来はパスタ用のソース。

 

用意する材料は鶏もも肉と野菜を適当に。

これでバッチリ旨く出来る。

 

こちらはもう一品で用意した茄子とレタス。

茄子を大量に貰ったので、せっせと食べないとね。

 

鶏肉を中火で時間をかけて炒める。

途中で野菜を入れて火が通ったらパスタソースを加え、オイスターソースで味を整えれば出来上がり。

 

これが美味しいのよね。

酸味の効いたトマトソースに、鶏肉の相性がバッチリ。

何度作っても美味しいし、奥殿も好きということでパクパクいっている。

 

これにはビールが合う。

新ジャンルの麦ホだけど、私にはこれでいいのだ。

 

美味しくて二皿目。

同じように奥殿もお代わりをしているから、やはり美味しいのだろう。

 

ご飯は豚汁で合わせたが、私の作る豚汁はとても好評で、自分で食べても美味しいと思う。

画像は撮り忘れてしまった。

 

〆にはメロンを出してもらった。

貰い物のマスクメロンで、丁度食べごろ。

とても甘くて美味しい。

 

メロンなんて久しぶりで、もちろん今年始めて食べた。

もしかすると数年ぶりかもしれない。

 

昼の寿司と比べると、家で食べたほうが旨いのではと思うこともしばしばある。

外食して家より不味いとがっかりする。

 

外食に求めるのはプロの作る味とか設えや雰囲気などであって、バイト君がマニュアルて作る料理ではないのだ。

ちょっとしつこいね。

 

今夜もビールが旨かった。

ごちそう様でした。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました