美女はイタリアン レストランがお好き「エムジカ」【豊田市】

 

 

連日の熱帯夜でも、寝不足になることがイヤでエアコンは入れっぱなし。

なので熟睡できて、朝の目覚めはスッキリ爽やか。

とは言え、外では朝からセミがガンガン鳴いて暑苦しい休日だ。

 

そんな暑い休日の午前中に、会議があった。

内容的には大した会議ではないが、重要な点はみんなで情報を共有することにある。

それを疎かにすると、一部の者だけで勝手にやっているとか、話しを聞いていないと言うことになり、会の運営が上手くいかなくなる。

どんな会の運営でも手間と気を使った分だけまとまりが良くなり、結果として目的のイベントも上手くいくものなのだ。

 

そんな会議が終わればランチに行くのは自然な流れ。

で、今日は前から鮨が食べたくて、メンバーの一人である美女を伴って(乗せてもらって)件の鮨屋へ行ったら、ナント閉まっているではないか。

その時は ”気まぐれな店だな” と思ったが、後で調べたら定休日とのこと。

定休日なら閉まってて当たり前ということで、失礼しました。

 

それはそうと、閉まっていては話にならない。

さあどうしたものか?

 

せっかく美女と食事に来たのに、目的の店が閉まっていると言う状況でモタツイているようでは、男としての器量を疑われる。

頭をフル回転させて思いついたのは、イタリアンレストランの「エムジカ」。

エムジカならここから近いし、それに彼女もイタリアンが好きなので丁度いい。

速攻で向かったのは言うまでもない。

 

うろ覚えのエムジカへ Google Maps を頼りにして走ること数分。

住宅街の中に忽然と現れた洒落たイタリアンレストランを見て、彼女もニッコリ。

鮨屋よりも、こういった洒落た感じの店の方が女性には受けが良いようだ。

初めからこの店でよかったかも。

 

店は満席に近く、人気店のようだ。

5~6年ぶりの訪問で、テーブルのレイアウトも変わっているような気がするが、定かではない。

 

ランチのメニューはこんな感じ。

メインのパスタを選んで、前菜やドルチェをオプションで付けるというもの。

 

壁に掲げられたメニューボードには、土日限定のものがある。

肉ダメな彼女なので、本日の魚料理(真鯛のポワレ)とパスタにしたら、マスターから土日のメニューが出来ないとのこと。

バイト君が休んでしまい、マスター一人でこなしているため、手の込んだ料理が出来ないのだそうだ。

残念だけど、彼女はクリーム系のパスタに前菜(サラダ?)を付けたものに、私は茄子にモッツァレラチーズを合わせたパスタ+ドルチェのセットにした。

 

それと何はなくともワインだ。

ワインが飲みたいとマスターに頼んだら、ワインを飲んでくれるお客さんが嬉しい、とのこと。

どんなワインがいいか聞かれたので、爽やかでフルーティーな白でいってみた。

 

一人で忙しいのにもかかわらず、マスターがワインを二本も持ってきてサービスしてくれる。

彼女は車なので飲めなく、それが申し訳ない。

 

飲んだワインはコレ。

ワインは詳しくないので、銘柄も分からない。

 

他にこれも飲んだけど、同じくよく分らない。

よく分からないながらも、味の違いはわかる。

どちらかと言えば白いラベルのものの方が合うかな。

ただしどちらも美味しかったけどね。

 

ワインのツマミがなく、先に来た彼女の前菜のバケットをツマミにして飲んでいた。

ナプキンにバケットを乗せてオリーブオイルで食べていたら、それを見たマスターがゴメンナサイ、とお皿を持ってきてくれ、同時にバケットならお持ちしますよとのこと。

それとガーリックトーストも出来ます、とのこと。

 

こういう気の利いたサービスをしてくれるのは、とても嬉しいこと。

それとこんな対応は、チェーン店系のレストランのスタッフには望むべくもないこと。

彼らはマニュアル通りのことしか出来なく、またそれ以上のことをしてもイケないのだ。

 

それは機械化されたサービスで、人間らしさもないし臨機応変の対応もできない。

そんなものは、近い将来ロボットに取って代わられてしまうと思うけどね。

 

話が脱線気味で、失礼。

ガーリックトーストです。

ワインのツマミにはいい感じだけど、これを食べてしまうとキスは無理だね、と彼女に振ったけど、軽くスルーというか無視。

端からムリか。

 

パスタの登場。

これは彼女のパスタ。

彼女との話が弾んで、何のパスタだったかは忘れてしまった。

 

これは私の頼んだパスタ。

ミートソースにモッツァレラチーズが絡んで、とてもいい味。

こうして料理されると茄子も一段と輝いて見える。

 

やはりプロが作る料理は美味しくて、私が家で作るパスタと比べると数段上の味。

ただ残念だったのは、パスタがアルデンテではなかったことだが、これはマスターが一人で忙しかったからかもしれない。

 

ドルチェ。

私一人が頼んでいたけど、彼女のものも追加でオーダーしたのは言うまでもないこと。

 

もし私だけがこれを食べていたとすれば、なんて気が利かない人と思われ、彼女に嫌われること必至。

百年の恋もいっぺんに冷めるというもの。

 

彼女も満足してくれたようで、ご同慶の至り。

やはり美女と食事するのは嬉しいね。

 

イタリアンレストラン「エムジカ」

 

美味しかったし楽しかった。

ごちそう様です、また行きます。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました