私が料理を作ると食欲が落ちないって本当ですか?【自宅】

 

 

先日美女と食事した時、彼女から「性格って歳をとっても変わらないね、」という話が出た。

言われてみればその通りで、性格は簡単に変わるものではない。

 

というか、歳を重ねてくるとその性格にワガママもプラスされ、ますます表面化してくる。

高齢者で急にキレるのがいるけど、急にそうなったのではなく、元々そんな性格だったのだ。

 

知っている男の中にケチな男がいる。

優良な企業に勤務しているので収入もそこそこあるし、元々ケチなので付き合いもあまりないから、ウン千万は貯めているのではという噂だ。

家も親の家に同居と言うか跡取り息子なので、土地も家もあるから財産もある。

 

そんななので、奥さんはさぞ気楽に生活しているかと言えば、実は全くそうではない。

聞いた話だけど、奥さんにはお金を一切自由に使わせないというから、恐ろしい。

収入も貯金も財産もあるのに、奥さんはいつも渡された生活費でのやりくりが大変で、苦労しているという。

 

その生活費もダンナが細かくチェックするというから、実にイヤな奴だ。

なので奥さんは自分の服も自由に買えず、いつもみすぼらしく見える。

これでは女の幸せはない。

 

こんな奴と付き合うなんてまっぴらゴメンだが、奥さんはそんな訳にはいかない。

今更どうしようもないが、こんな男が世の中にはいるのだ。

要は金銭哲学の問題なのだが、突き詰めれば性格の問題になる。

 

性格は本人が自覚して直さない限り変わるものではないから、死ぬまで変わらないと思うが、こんな男とはやっていけないな。

 


 

いきなり重い話で恐縮。

 

今年の夏は蒸し暑い日が多い気がするが、食欲は全く落ちない。

それは奥殿も同じで、むしろ食べ過ぎてしまうそうだ。

 

その原因の一つが、私の作る料理が美味しいからというのだ。

で、今日はエビを買ってきたから、エビの炒め物を作って欲しいという。

これって褒め言葉なのか、あるいは料理をさせる釣り言葉なのか微妙だが、作りましょう。

 

って、いきなりの完成画像。

エビの下ごしらえは奥殿がやってくれていたから、エビとタマネギを炒め、エノキとニラを加えればアッという間に出来上がりなのだ。

味付けは醤油と本だし、それにバターが決め手かな。

それだけで十分にいい味に仕上がる。

 

もちろんエビだけでは済むはずもなく、これはいつものオニオンスライスだ。

今日はマヨネーズに麺つゆを合わせてみた。

 

鶏わさ。

わさび醤油に変えて、大根おろしにポン酢でいってみる。

 

アテが揃えば一杯だ。

プッハ~、ビールが旨い。

 

エビの醤油バター炒めも美味しくて、お代わり。

醤油とバターは相性が良いのか、すごくいい味だ。

それとエビ自体の旨さも引き立ち、海老フライとはちがってエビそのものの味が味わえる。

奥殿も満足そうで何より。

 

ビールもいいけど、お腹が張ってしまいたくさんは飲めないので、日本酒に。

今日は獺祭。

いつもの味で旨いけど、たまには浮気して違うお酒にしてみましょうか。

 

浮気といえば斉藤由貴が不倫していたとかで、文春砲を食らっている。

前も書いたけど、人の恋愛事情を暴いて何か有益なことがあるのだろうか。

 

彼女のしたことは決して褒められたことではないけど、本人たちが好きでやっていることを、尾行し盗撮まがいのことまでして、それを紙に書く。

斉藤由貴が芸能人だから週刊誌で書いても許されるのだろうけど、これが一般の個人だったら肖像権とか名誉の問題とか、法律的にどうなんだろうかと思うけど。

それにしても斉藤由貴っていい女だね、って、何の話?

 

飲んでばかりではなく、ちゃんとご飯も食べましたよ。

この日は豚汁定食。

この夏の家でのヒット商品がこの豚汁だ。

 

ある居酒屋の板さんに教えてもらったレシピで作ったら、これが頗る美味。

コツは前に書いたけど、初めに野菜だけで野菜スープを作るように作ることだ。

それだと確かに旨くできて、奥殿も納得の味。

 

いや~今夜も美味しかった、って、今日はデザートがあるとのこと。

マスクメロン。

貰い物のマスクメロンで、これが甘くてジューシーで美味しい。

 

食欲が落ちないのはいいけど、体重が増えそうでコワイワ。

今夜も美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました