食べ過ぎて太り気味なのでカロリーに気を使ってみたが【自宅】

 

 

ある女性とのメールのやり取りでちょっとした行き違いがあり、その女性と一杯飲む展開に。

行き違いと言っても、私のメールの書き方が悪かったのであって、女性に非はない。

 

ある会の幹事を、その女性が降りたいとの申し出があった。

長年尽力してくれた女性だったので、私が ”慰労会でも開いてあげたいほど” と書いたのが発端で、そしたらその彼女から「◯日と◯日だったらいいですよ」という、返メール。

 

それを今更「あれは言葉のアヤで、」などと言って断るなど、言語道断。

女性に恥をかかせるのは男にとって最低で、それを受けたのはもちろんのことだ。

 

言ったことは責任を持つのが男、などと大上段に構えることもないが、女性は繊細でカワイイ存在なので、男が守ってあげないとね。

それに何と言っても女性と飲めることは嬉しいことだから、こんな行き違いも嬉しい。

 


 

本題に戻って、最近は食べ過ぎ。

体重もジワリと増えているから、よろしくない。

こんな時に美女から「太っているのはイヤ」などと言われれば、一も二もなく痩せるのだが、そんなことを言ってくれる人もいないので、ここは自力攻勢をかけるしかない。

 

体重が増減するのは、入れるカロリーと出る(使う)カロリーの差で決まる。

極端に言えば、絶食してカロリーをゼロにすれば確実に痩せる。

 

だがそこまでは踏み切れないし、健康的にも問題があると思う。

現実的には食べ過ぎないことで、ちょっと食事の量(カロリー)を減らすことにした。

 

で、これがカロリーを減らしたメニューだけど、実際減っているかどうかは不明。

先ずは茄子の揚げ煮浸し。

大根おろしをかけて、ヘルシーにしてある(つもり)。

 

ローストビーフ。

赤身オンリーなのでヘルシーだと思うけど、どうなんだろうか。

 

オニオンスライス。

これは間違いなく低カロリーだ。

 

ビールは外せない。

プッハ~、旨い。

旨いけどカロリーは?

調べれば分かるけど、調べたところで飲むことには変わりないから、調べない。

 

この辺りは目の前のことに一喜一憂しない ”鈍感力” が大事だ、って、言い訳っぽいね。

”鈍感力” と言えば、あのエロ小説家の渡辺淳一先生が言った言葉で、「失楽園」で有名な作家だ。

 

「失楽園」が日本経済新聞に連載された時は、日本の証券マン全員が、株価をチェックする前に「失楽園」をチェックしていたと言うほど。

そんなエロい小説が、日経などというお固い新聞に連載されたのだから、かなりセンセーショナルなことだった。

かく言う私も、密かに毎日楽しみにしていたのだが、こうしてみると男ってやっぱりエロいね。

 

スイマセン、話があらぬ方向に。

 

そんな軽めのメニューで一杯飲んだあとの締めは、そば。

この夏、家で大ヒット中のおろし蕎麦だ。

冷凍のそばを解凍して冷水で締め、大根おろしを掛けただけだが、これが実に旨い。

 

お陰で大根の消費量が半端なく、いつもの年ならひと夏に大根を一本消費する程度のものが、今年は週に一本は消費している。

そのために大根おろし器も新調してしまったほど。

この大根おろし器「楽楽オロシてみま専科」だけど、聞くところによるとマツコのナントカで紹介されたとか。

あまりテレビは見ないので、どんな風に紹介されていたか知らないけど、使ってみればこれが実に使いやすい。

 

出来る大根おろしもフワッとした食感で、美味しいのだ。

それに大根おろしは健康面でいいだろうし、ダイエット効果もあると嬉しいが、どうなんだろうか。

 

そんな大根おろしをかけた蕎麦が、美味。

と、こんな晩ご飯だけど、これで低カロリーの食事になるのかな。

ダイエッターの方から見れば、全くお話しにならないかもしれないが、これでも少しは減らしたつもり。

 

ま、鈍感力が大事ということで。

 

今夜も美味しかった。

ごちそう様でした。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました