休日の昼から飲みのアテは自分で作ります【自宅】

 

 

連休の一日。

朝の6時前に目が覚めたが、二度寝してグダグダしてたら、あっちゅう間に9時。

特にやらなければイケないこともないから、このまま寝ててもいいちゃいいのだが、ここで起きないと一日が終わりそうなので起きた。

 

そのままシャワーに直行してサッパリすれば、寝起きのコーヒー。

私が好きなコーヒーは牛乳の入ったカフェオレで、録りためてあった南 果歩の ”定年女子” を見ながらカフェオレのガブ飲み。

マグカップに四杯も飲んでしまった。

 

そんなこんなをしていれば早くも昼で、さっそく昼飲みの支度だ。

それにしても ”定年女子” は面白いネ。

 

昼から飲むというフシダラなことをするのだから、アテは自分で作る。

これを奥殿に頼めば作ってくれるだろうが、昼間から飲む時間があるのなら、自分で作るのが礼儀かと。

家で好き勝手に飲んでいるのだから、少しは奥殿の負担を減らさないとね。

 

で、冷蔵庫にエビがあったのでそれを焼くことにした。

これがそのエビで、バナメイ海老。

近頃はブラックタイガーの値が高くなったとのことで、家で食べる海老はこの海老が多い。

少し小振りではあるけど、焼いて食べるには美味しくていいのだ。

 

この海老をレタスと一緒に炒めるのだけど、少しピリ辛に味付けたい。

使うのはキムチの素。

前の冬にキムチ鍋をやろうと思って大瓶を買ったのだけど、結局一度しかキムチ鍋をやらずに終わってしまい、ダダ余り。

幸い賞味期限は思いっきり長くて、まだ一年以上先まで大丈夫だった。

辛いものだから腐らないのかもしれない。

 

チャチャチャっと炒めれば、ハイ出来上がり。

味付けは醤油にほんの少しのキムチの素、それに本だしだけだけど、これが美味しいのだ。

 

他にはローストビーフ。

作り置きなので切るだけだけどね。

 

役者が揃えばさっそく一杯だ。

プッハ~、新ジャンルの麦とホップだけど、私にはこれで十分に旨い。

 

定年女子の南 果歩を見ながらグビグビやっていれば、二皿目のエビも食べてしまい、アテがなくなってしまった。

アテがないと飲めない私なので、アテを作ることにしたが、こういう状況が一番辛い。

飲んでいる最中なので、作るのが面倒なのだ。

 

これが店ならアレをちょうだい、で済むのだが、残念ながらここは家。

自分で作る他に道は無い。

 

と思ったら、奥殿がこんなものを出してくれた。

イカ刺し。

エ~やん。

イカは去年から不漁続きで最近はとんとご無沙汰で、家ではイカ刺し自体が珍しい。

 

しかもこれは高級な剣先イカと言うではないか。

これに合わせるのは日本酒に限る。

 

と言うことで、獺祭だ。

ウ~ン、甘みのある剣先イカの刺し身に獺祭がピッタリ。

やっぱり剣先イカは旨いね。

 

他にもアレコレ摘みながら飲んでいだけど、画像は撮り忘れ。

いい気分になると、緊張感が無くなるのだ。

 

締めは素麺にした。

最近は蕎麦が続いていたから素麺にしただけのことで、どちらも好きなのだ。

 

ただし大根おろしをかけて作る ”おろし蕎麦” のインパクトに慣れてしまっているので、素麺の優しい味が物足りなく感じる。

とは言え、素麺は素麺なりの喉越しの良さがあり、それぞれの持ち味の違いということ。

 

この辺りは人間と同じで、みんな同じ味ではなくそれぞれにそれぞれの持ち味があり、それが個性というもの。

好き嫌いではなく、違いなのだ。

 

って、何を書いているのか。

 

昼から飲みのできる休みがありがたい。

美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました