通信教育ではモテる男にはなれない【私的恋愛論】

 

 

昼ごはんはこんなん。

御存知の通りのチキンラーメンで、これはこれで好きなのだが、ブログのネタとしてはあまりにもショボくてネタにならず。

チキンラーメンの歴史や安藤百福について語るのならネタとしていいだろうが、そこまでの知識がないから、この話はボツ。

 

最近は外へ飲みにも食べにも行ってないので、自然と家めし家飲みに比重がかかるが、こんな朝ごはんの話などでは、これまたネタにならない。

朝ごはんは一汁一菜+α の食事。

ただし毎日のことで、それがあまりにも日常的過ぎて語ることがない。

 

土井善晴さんも言っている通り、朝ご飯にはご飯と具沢山の味噌汁があればそれで十分で、しかもそれが美味しいのだが、ネタとしては盛り上がりに欠ける。

しかしそれは日本の歴史と風土に育まれて完成した食事で、毎日でも飽きない。

などと力んでみても、やはりブログのネタとしてはちょっとショボい。

 

と言うことで今日は食べる方のブログではなく、前に続いて「私的恋愛論」シリーズの第二弾でいってみる。

って、そんなシリーズがあったのかと言われれば、少々心許ないが。

 


 

この前は女性のことについて書いたから、今回は男バージョン。

で、こんな男はモテる、と言うのは可愛げがないから ”こんな男はモテない” でいってみる。

 

 

1.  身だしなみに気を使わない男はダメ

 

不潔な男では全く話しにならない。

ただし風呂に入って洗濯した服を着ていればいいってものでもなく、やはり身だしなみに気を使わないと、女性からはダメ出しを食らう。

 

以前、私の知り合いが家に来た時、帰ってから奥殿が私に 「あの人汚いね」と言ってとても嫌がったことがあった。

その男は普通の格好だったのだが、髪の毛が手入れされていなくて、確かに汚い印象を受けた。

 

しかもその男は毛深くて、腕毛も濃い。

男らしいと言えばそうかもしれないが、髪の毛もボサボサで腕毛も濃いとなれば、やはりそれは手入れがされていないと映って、女性からは嫌われるのだ。

 

特別なことをせよということではないが、やはり身だしなみは整えないと、女性から嫌われる。

 

 

2. お金の出し汚い男はモテない

 

昔「どっかにいい女はおらんか」と、そんなことばっかり言っている男がいた(恥ずかしながら同級生)。

勿論そんな男なので全然モテないのだが、本人はその自覚すらない。

 

で、ある時その男が「オマエ(私のこと)は同級生の女性と飲み行ってるようだが、同級生の女なら金が掛からないだろう」とホザイたのだ。

バカバカしくて反論もしなかったが、そいつが言いたいのは、女とは付き合いたいが、金は使いたくないと言うこと。

 

元々その男はケチで有名で、上司であるにも関わらず、職場の飲み会でも割り勘以上の金を払ったことがないという、ケチな男。

そんな男なので、女性と付き合うのも金が掛からない方法しか考えていないのだが、こんなのではモテる訳がない。

今でも「いい女はおらんか」と言っているらしいが、それ以前に男からも嫌われていることを自覚すべきだ。

 

もしかすると同級生の女性となら、100円の回転寿司で割り勘で済むとでも思っているのだろうか。

本当に最低な男で、こんな男は救いようがない。

 

 

3. ネガティブな草食系はモテない

 

私の知り合いにモテる男が二人いる。

どちらも大して男前ではないのだが(失礼)、何故が女が切れたことがない。

 

その二人に共通するのは、いつも笑顔。

そして物事に対して前向きで肯定的に捉え、あーだこーだと理屈をこねないで、極めてサッパリとしているのだ。

 

女性に対しても同じで、ネチネチとした話はせず、キレイな人にはキレイ、可愛い人には可愛いと単純に褒めるが、これってなかなか言えないこと。

それだけ真っ直ぐな性格で、邪気がないということが好かれるのだろう。

そんな無邪気(邪気がないという意)な彼らなので、男からも好かれる(変な意味ではない)し、私も彼らのことが好きだ。

 

それと彼らは草食系男子ではなく、間違いなく肉食系。

男が口説かなければ、女性からアプローチしてくることなどあり得ないことを、本能的に知ってるのではと思う。

 

口説いて断られることを恐れ、それが怖くて何もしない(出来ない)のが草食系。

そんなことをビビっているようでは、思いは伝わらない。

言葉で伝えなければ、思いは伝わらないのだ。

 

やはり場数を踏んで、ミスって失敗して痛い目に合って、それでモテる男になる。

空手を通信教育のビデオで何回見たところで全然強くならないのと同じで、現場100回だ。

 


 

と、まあ思いつくまま書いてみたけど、私が私的に思っていることなので、これを実行すれば絶対にモテるという保証はないので、悪しからず。

それでも遠からず当たっているとは思うので、参考までに。

ご健闘を祈ります。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました