近頃の女性は実にパワフルで行動的なのがスゴイ【自宅】

 

 

酒豪女子からニュージーランドのお土産をもらったのは、ちょっと前のこと。

まだそれが残っているのに、今度は同級生女子からこんなものを頂戴した。

 

ワインとチョコレート。

スイス旅行の土産だ。

同級生女子からはスイスへ旅行に行くことは聞いていたけど、私にまで土産をくれるとは思っていなかったので、ちょっとビックリ。

 

彼女とは少し前に飲む機会があり、その時に私が奢ったからそのお礼という意味だろうけど、予想外のこと。

こんな重たい物をわざわざスイスから持ってきてくれるなんて、恐縮至極。

ありがたいことだ。

 

ニュージーランドへ行った酒豪女子にしろ、スイスへ行った同級生女子にしろ、行きたいと思ったら迷うこと無く行ってしまうのがスゴイ。

彼女たちも仕事をしている身なので、それほど時間的に余裕がある訳でもないだろうけど、その間を縫って行ってしまう。

男の我々だと、仕事はどうしようかとそんなことばかり心配してしまい、踏ん切りがつかない。

彼女たちのように ”エイヤッ!” で行ってしまう、その度胸を見習いたいものだ。

 

それにしてもイマドキの女性は ”切れ味” がいい。

私も含めて男の方が切れ味が悪く、情けない。

スパッとしたキレの有る男にならないとモテないね。

 

それはそうと、せっかく貰ったのでさっそく頂戴する。

仕事の合間にワインを飲むわけにはいかないから、チョコレートだ。

ナッツの入ったミルクチョコレート。

 

滑らかで口溶けのいいチョコに、カシューナッツの小型のような物が入っている。

いつも思うことだが、外国産のチョコはキレイに割れた例がない。

今回もご覧の通りバラバラに割れてしまうが、割り方にコツでもあるのだろうか。

 

チョコレートだけではと、お茶にする。

桃の香りの素晴らしい烏龍茶で、中国・台湾のもの。

 

この烏龍茶も貰い物。

ティーバックになっているけど、ペットボトル以外の烏龍茶を飲んだのは、この烏龍茶が初めての気がする。

 

烏龍茶には、砂糖の代わりにNZ土産の蜂蜜をいれてある。

蜂蜜を使うことが無く、これ以外に使う方法を思いつかないから丁度いいと思っているが、烏龍茶に蜂蜜を入れることは邪道なことかもしれない。

 

中国でこんな飲み方をしているのだろうかと思うが、そこは広大な中国のこと。

どんな飲み方をしても許されるのでは。

 

中国・台湾の烏龍茶にニュージーランドの蜂蜜、それにスイスのチョコレートと、世界各地の品でお茶するという贅沢三昧。

お茶はいい感じでリッチな雰囲気なのだが、昼ごはんは質素なもの。

 

例によって事務所では何も出ないから、インスタンのラーメンだ。

最近個人的に気に入っている「ガラ炊きシリーズ」で、今回は「ガラ炊きの味噌」。

マルちゃん(東洋水産)の製品で、インスタントでありながらコレが旨い。

 

麺は太めの生麺。

生麺なので茹で時間も2分と短いのがありがたい。

普通のインスタントラーメンでも3分も茹でれば出来上がりなのだが、待つとなるとその3分が長く感じられるもの。

1分でも早く出来上がるのは、インスタントの価値を高めると思う。

 

2分後、出来上がりはこちら、と言いたいところだが、肝心の出来上がり画像を撮り忘れてしまった。

お腹が減っていて、ラーメンが出来上がったら画像を撮ることも忘れて食べてしまったのだ。

オマエは ”餓鬼” か。

 

と言うことでショボい昼ごはんとリッチなお茶という、上げ下げの激しい食生活だけど、どちらも美味しかった。

ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました