スマホに入っている音楽を古い車で聞く方法は?【その他】

 

 

イマドキ、音楽はスマホに入れて聞くのが当たり前になっている。

イヤホンで聞くのもいいし、Bluetooth でスピーカーに飛ばすという手もある。

これは私が使っている Bluetooth用のスピーカー。

メイクはANKERで、数千円という安物。

音的には決して褒められたレベルではないが、BGMで流す程度ならこれで十分。

 

困るのは車の中でスマホの音楽を聞きたい時だ。

新しい車ならオーディオにBluetoothの機能が備わっているので、スマホから飛ばせば簡単に聞くことができる。

問題なのは、Bluetooth の備わっていない車。

特に私の乗ってるような19年落ち!の古い車だと、オーディオに Bluetooth のブの字もない。

当時はスマホすらない時代なのだから、当たり前のことではあるが。

 

当時はスマホの先駆け的なものとして、シャープが Windows 搭載の W-ZERO3 という PDA(携帯端末)を出していた。

私も使っていたが、WordやExcelが使えて住所録などを放り込めるのだが、実に中途半端な物だった。

音楽を放り込んで聞くことも出来たが、バッテリーがすぐに無くなるという欠点もあった。

電話としても極めて使いにくく(切れやすい)、こんなことも出来るということでは良かったが、結局は使い物にならなかった。

 

話しを元に戻して、スマホに入っている音楽を車で聞く方法だが、FMトランスミッターでオーディオ機器に飛ばして、FMラジオで聞くという方法がある。

その場合、スマホとFMトランスミッターをUSBコードで繋いで、そこからFM電波でラジオに飛ばすのだ。

それで聞くことが出来るからそれでもいいのだが、その配線が邪魔。

 

スマホとFMトランスミッターとの間を Bluetooth で繋げば、邪魔な配線もなくなりスマートになる。

それで買ったのがコレ。

正式な名称は分からないけど、スマホからBluetoothでこの機械に飛ばし、そこからFM電波を出してFMラジオで聞くという算段だ。

 

本体を車の電源(シガー)ソケットに挿入して使う。

車内の狭いところで使うから、出来るだけ本体の小さいものを選んだので、ご覧通り邪魔にならないサイズ。

 

使い方は箱書きの通りだけど、説明するまでもなくBluetoothを接続し、FMの周波数を決めるだけだ。

電話のハンズフリー機能もあるが、これは恐らく使い物にならないと思う。

通話の音質がダメで、思いっきり聞きづらいと思うからだ。

 

他にはスマホの充電も出来る。

これは助かる機能で、バッテリー切れの心配をせずに使えるのは心強い。

 

さっそくスマホの音楽を車のオーディオから流してみる。

オオ、いい感じではないか。

Bluetoothで飛ばして、更にFM電波で飛ばしているから音質の低下はあるのだろうけど、車内で聞く分には何の不満もない。

BOSEの特徴である、伸びやかな高音とハリのある低音の響きがいい。

 

因みに聞いている曲は松田聖子が歌うジャズで ”SEIKO JAZZ” 。

松田聖子が歌っていると言われても分からないほどだけど、歌が実に上手いのと声がいい。

元からジャズシンガーのように上手いし、じっくりと聴かせてくれる。

 

これで古いクルマのオーディオでも、スマホの音楽が聞けるようになった。

1,500円ほどの出費で近代化が図れたのだから、安く済んだのでは。

さ、これでどこへ出かけましょうかね。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました