フランスパンでオシャレな朝食もいいもの【自宅】

 

 

私の家では朝ごはんにパンを食べることは殆ど無い。

パンが嫌いという訳ではなく、単にそういう習慣がないと言うだけのことだ。

 

そんな朝ごはんを珍しくパンにしてみた。

朝ごはんをパンにしたのは、知り合いの女性にパンを貰ったから。

パンの朝ごはんにしたらカフェのモーニングのようなイメージになって、お洒落な雰囲気に。

 

貰ったのはフランスパンで、それがコレ。

ドンクのパンだ。

ドンクと言えばクロワッサンしか知らないけど、実はフランスパンで有名な店らしい。

 

で、貰ったパンを見て驚いた。

大きなフランスパンで、塊のようなパンなのだ。

 

大きさが分かりにくいから、比較のためにパン切り包丁を置いてみた。

このパン切り包丁は30Cmはあるから、このフランスパンが如何に大きな塊なのか、お分かりいただけるのでは。

私のイメージでは、フランスパンと言えば棒状の形をしているものと思っていたが、こんな塊のようなフランスパンもあるとは知らなかった。

 

フランスパンには大きな穴が開いている。

パンについては全くの門外漢で何も知らないけど、この穴と美味しさに何か関係があるのだろうか。

それと個人的には皮のバリバリとしたところも好きだ。

 

今日はこれをトーストにする。

厚さ2Cmぐらいに切って、魚焼き器の中へ。

今の魚焼き器(グリル)は、トーストも出来るように専用のトレーも付いている 。

焼き加減はグリルにお任せ。

トーストに合わせておけば、自動できれいに焼いてくれるから助かる。

 

いい具合に焼けたと思うけどね。

もうちょっと焦げ目をつけても良かったかもだけど、この程度ならいい焼き具合なのでは。

 

パンだけでは寂しいからと、目玉焼きも焼いてみた。

付け合せはいつものニンジンとオニオンスライス。

 

飲み物はコーヒーにしようと思ったけど、トン汁があったのでそれにした。

雰囲気に合わせてスープカップに注いだので ”らしく” 見えるけど、中身はトン汁。

本来ならミルクたっぷりのカフェオレにしたいところだが、牛乳の用意がないから妥協の産物ということで。

 

準備ができたので ”いただきま~す”。

フランスパンは想像していたよりも柔らかくて、モッチリとした食感。

もっとハードな噛みごたえのあるパンを想像していたので意外な感じもしたが、これ以上固いパンだと不味いということになるのかもしれない。

 

とは言え、美味しいパンで、しかも雰囲気がオシャレなのがいい。

合わないのでは、と思っていたトン汁も違和感なく飲めて美味しい。

 

今朝は思いがけずにフランスパンの朝食だったけど、美味しかった。

それにいつものご飯と味噌汁に比べて、オシャレな雰囲気だったしね。

パンはまだたくさん残っているから、暫くはフランスパンで朝食だ。

 

美味しかった、ごちそう様でした。

このパンをくれた人にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました