奥殿風邪のため私が緊急登板でメンチカツを揚げてみた【自宅】

 

 

奥殿が風邪らしく、熱があるとのことでダウン。

こんな日は交代要員の緊急登板で、私がシェフを務めることに。

 

私は料理を作ることには全く抵抗はないが、作れる料理が少ないのが欠点。

そんな私を助けてくれるのが冷凍食材で、今回もそんな冷凍食材の助けを借りてさっそく料理開始だ。

 

今日のメインはメンチカツ。

冷凍モノを使うのは勿論のことだ。

このメンチカツはいつも行く肉屋が作っているもので、これが美味しい。

それと見た目以上にボリュームがあって、それでいて安い(5枚で350円)から重宝している。

 

材料としては出来ているから、あとは揚げるだけ。

奥殿に言わせると、メンチカツを家で作るのはとても面倒で大変なことらしい。

それがこんなに簡単に、しかも美味しく出来るのは冷凍食材のおかげだ。

 

180℃の油で揚げる。

きつね色になれば出来上がりという簡単なこと。

 

盛り付ければ完成。

揚げたてのメンチカツは、より一層美味しいのだ。

このメンチカツにはしっかりと味がついているから、ソースはいつもかけない。

 

他には鶏の砂肝を塩焼きにしてみた。

塩を振って魚焼き器で焼くだけという簡単な料理だけど、シコシコとした食感が楽しめて、ビールのアテにはもってこい。

 

これはいつものオニオンスライス。

タマネギを薄く切るだけなので、私にでも出来る。

美味しくて健康にもいいとのことなので、不動の一番バッターだ。

 

こんなラインナップで、先ずは一杯。

熱があるという奥殿も、食欲はあるとのことで一杯だ。

う~ん、旨いね。

 

熱っぽい奥殿も、冷たいビールが美味しいとのこと。

風邪にはお酒がいいと聞いたことはあっても、ビールが心地よいと言うのはあまり聞かないが、それもアリか。

 

熱があって咳も少し出ているが、食欲は落ちないというのはまだマシと言うべきで、本当に辛い時は食欲もなくなってしまう。

何れにしても食べられるのはいいことだし、飲めるのは更にいいことなのでは。

 

メインの他に、抑えとして焼きビーフンも作ってみた。

ケンミンの焼きビーフを使っているから、インスタントラーメンを作るのと大差ない感覚で作れる。

肉とか野菜を刻むのが手間なだけで、作ること自体は簡単なこと。

最後にオイスターソースで仕上げるのが私のスタイルで、これで味のグレードが一気に上がる。

 

焼きビーフンにもビールが合うね。

オマエはビールを飲むために料理をしているのかと言われれば、返す言葉が無い。

それでも洗い物も済ましているから、その辺りは大目にお願いしたい。

 

普通なら最後にご飯と味噌汁で〆るのだけど、焼きビーフンでお腹はいっぱい。

で、〆はいちご大福にしてみた。

美好餅のいちご大福で、いつ食べても抜群に美味しい。

このいちご大福が今シーズン最後のもので、言わば ”名残り” のいちご大福。

次は来年の春かと思うと名残惜しいが、年に一度味わえるだけでも幸せだ。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました