2018年の美好餅の「いちご大福」は苺が大きくて甘い【みよし市】

 

 

今年もいちご大福の季節がやってきた。

昨今は人気赤マル急上昇中で、予約すら難しい美好餅のいちご大福。

 

電話予約の初日に電話したけど、電話殺到で電話が繋がらず、焦る。

それでも何とか最初のセットの予約がギリギリで間に合い、ホット一息。

 

これがゲットした2018年バージョンのいちご大福。

一年ぶりのご対面だ。

 

見ていても始まらないから、さっそく頂戴する。

オオ、見事なイチゴの入ったいちご大福。

ナイフでカットしてあるけど、大きな苺がみっちり詰まってて、実に美味しそう。

極薄のこし餡に包まれて、食べればこれが絶品!

 

甘酸っぱい苺に餡の甘さが素晴らしくコラボし、得も言われぬ美味しさ。

私にとっては最高のいちご大福で、思わず イナバウアー。

他店のいちご大福と比べるのは不本意だが、これ以上のものに出会ったことはない。

 

それと今年の苺は特に大きくて美味しい。

この冬は例年になく寒くて苺の出来が心配だったけど、案に相違していい苺が出来たとのこと。

苺はハウス栽培だから、寒さには影響されなかったのだろう。

 

そのため店頭にはこんな張り紙がしてあった。

大きな苺が入っているのはサービスと書かれているが、嬉しいことだ。

 

あまりにも美味しいので、続けてざまに二個目。

う~ん、幸せな味。

 

二個目のいちご大福も苺が大きくて立派。

苺そのものを味わっている感じで、いくらでも食べれそう。

 

この味を他の人にも分けてあげたいところだが、賞味期限が一日しかないから届けることが出来ず、それがもどかしい。

決して ”独り占め” しているのではないので、その点はご理解の程を。

 

このいちご大福を販売しているのは、みよし市福田にある「美好餅」。

昔からある餅屋さんで、本来のウリは大福餅だが、この時期だけいちご大福を販売している。

 

今日はその大福餅も併せて買ってきた。

いちご大福の影に隠れて目立たないが、これもかなり美味しいのだ。

 

折角なので大福も食べることに。

トロットロのお餅に包まれた大福で、こちらはつぶ餡。

つぶ餡といっても普通のつぶ餡と違いとても滑らかで、こし餡に近い感じを受ける。

 

大きな大福で、これ一個で結構お腹が膨れてしまうが、それでも美味しいのだ。

大福餅が好きな人に言わせると、ここの大福餅は究極の大福で、これ以上のものはなかなかないとのこと。

 

美好餅では「おはぎ」なども売っている。

一度買ったことがあるが、これも美味しかった。

ただしこれも結構大きいので、大福餅などと一緒にたくさん買うと食べきれなくなってしまうので、注意しないといけない。

私も食べ切れなくて、翌日も(翌々日も)大福餅を食べていた覚えがあるから。

 

私がこの店のいちご大福を買うようになった6,7年前は、今ほど評判になっておらず簡単に買えたが、いつの頃からか大評判になってしまい、電話予約すら難しくなってしまった。

 

今季も三回に分けて販売されるのだが、既に二回の予約は終了していて、三回目の予約を残すのみ。

三回目の予約は2月19日(月)からとなっているが、その日の午前中には完売してしまうと思う。

興味のある方は電話予約をお進めするが、電話が繋がらないことを覚悟して頂きたい。

特に三回目は販売期間が5日間しかないから、凄まじく混むと思うので。

 

美好餅

 

値段のことを書き忘れたが、いちご大福は一個200円、大福餅は120円(税別)。

この味とサイズでこの値段は、大バーゲンプライスだ。

 

今年も美好餅のいちご大福が食べられて、感謝感激。

次は来年かと思うと気が遠くなるが、毎年春に味わえるのを楽しみにするのもいいものかと。

ごちそう様でした、また来年の出会いを。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました