鴨の燻製がこれほど美味しいとは知らなかった【自宅】

 

 

鴨のスモーク(燻製)を食べようとしたら、ローストビーフが残っていて鴨を食べ損ねたのはつい先日のこと。

で、ローストビーフも食べ切ったので、ついに鴨の燻製にありつけることになった。

 

これがその鴨の燻製。

鴨とは言っても合鴨だけど、日本で鴨と言えばほぼ100%が合鴨のこと。

 

聞いた話だけど、野生の鴨は臭みがかなりきつく、美味しくないとのことだ。

合鴨の方がはるかに美味しいとのことで、ここら辺りは野菜も同じで、何でもかんでも天然(野生・自然)の物の方が旨いというのは迷信だ。

 

それはともかく、鴨の燻製をさっそく頂戴する。

燻製なのでスライスすればそのままで食べられるが、ここはひと手間かけて、バーナーで炙ることにする。

使うのはこのバーナーで、久しぶりの登場。

 

バーナーでちょっと炙ればこの通り。

炙ったことにより肉が緩んでより美味しくなるし、少し焦げた感じの味もいいもの。

ウィスキーが好きな方ならお分かりかと思うが、ウィスキーの樽も炙って焦がすことがあるのと同じで、焦げた味も旨いのだ。

しかもそれが大人の味でね。

 

盛り付ければいい感じではないか。

粒胡椒があれば格好も良かっただろうけど、家にはそんな洒落たものはないから、普通のコショウをかけてみた。

 

食べればこれが旨い!

旨いを通り越して、メッチャンコ旨い ! !

なんなん、この旨さは。

 

牛肉とも豚肉とも違う味と食感で、何の嫌味もないハムのような味だけど、豚のロースハムよりも味わい深い。

鴨の燻製が抜群に旨くて、鴨ってこんなに旨かったかと改めて知った次第。

 

奥殿からもすごく美味しいとのことで、たまらずお代わりだ。

今度はもっとたくさんスライスして一気に炙ってみた。

ゴオォォ!と言うジェット機のような音を立てて炙るのがカッコイイ。

男はいくつになっても ”火遊び” が好きなのだ。

 

今度はコショウなしで盛ってみた。

いくら鴨が旨いと言っても、ツマミにしてお酒ばかり飲んでいる訳にはいかない。

 

晩ごはんなのだから、鶏の唐揚げを揚げてもらった。

これで仕切り直し。

 

本来ならここからはご飯にするのだけど、鴨のお陰で改めてカンパイだ。

晩ご飯というよりも一杯飲む態勢だね。

 

奥殿も珍しくビールを何杯もお代わりしているから、この鴨がよほど気に入ったのだろう。

ホント、お酒のアテには最高だ。

 

このあと日本酒にしてまた飲んでしまったけど、それ程に鴨が旨かったということだ。

鴨を炙ったことによって肉汁も溢れ出て、脂身も上品な甘さの味が味わえて、素晴らしい。

暫くはこの鴨に病みつきになりそうだ。

 

まだ半分ぐらいは残っているから、もう一度ぐらいは楽しめそうだ。

こんなに旨い鴨なので、きっと高いだろなと値段を聞いてビックリ仰天。

これがたったの三百円だったと言うから、驚くようなコスト・パフォーマンス。

 

今度スーパーへ行ったら全部買い占めてしまいたいと、マジで思った。

それぐらい美味しかったのだ。

 

美味しいものには底がないと言うか、上限がないと言うか。

これからも美味しいものに出会えると思うと、食べることはやっぱり楽しいのだ。

今夜もごちそう様でした。

美味しかったあ。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました