春らしい「アサリとほうれん草のペペロンチーノ」【自宅】

 

 

休みの日の朝、奥殿がパスタが食べたいとのこと。

パスタは私の担当なので私が作ることになるのだが、今日は春らしいペペロンチーノでいってみる。

 

春らしいと言うのはアサリがあるからで、これにホウレン草を合わせて作るのだ。

アサリと言っても使うのは冷凍のアサリだけどね。

冷凍なので使い勝手がいいし、砂抜きも必要ないのでとても楽。

 

左にチラッと写っているのはペペロンチーノのソース。

奥殿が棚の奥から引っ張り出してきたもので、すっかり忘れていた。

そういえばこんなのが有ったネ。

 

これがそのソースで、キューピーの業務用ソースだ。

業務用ということなので、これを使ってペペロンチーノのパスタを出す店があるということだが、それを聞くと何だかね、と思うのは私だけだろうか。

 

今日はこのソースがあるから使うけど、もちろんこれだけで済ますことはない。

このソースをベースに使い、他に唐辛子やオリーブオイルにアサリなどを加えるのだ。

 

使う唐辛子はコレ。

思いっきり辛い唐辛子なので、一本使えば十分。

 

オリーブオイルはいつものギリシャのもの。

”一番搾り” というビールのようなネーミングのオイルだ。

 

パスタはディチェコのフェデリーニ。

1.4 ㎜ という細いタイプのロングパスタ。

 

パスタは表示通りの6分茹でる。

これでバッチリアルデンテに仕上がるけど、心配なら食べてみれば分かることだ。

今日はタイマーを押し忘れてしまい(汗)、食べながら茹で上がりを確かめていたが、バッチリうまく茹で上がった。

 

パスタを茹でている間にソースを作る。

ベースになる業務用のソースに加えて、オリーブオイルに唐辛子、それにアサリを入れて加熱。

そこへ茹で上がったパスタを入れ、最後にホウレン草を絡めれば一丁上がり。

あ、パスタを茹でる時に塩を入れて茹でているので、パスタには塩味がついている。

それとペペロンチーノに欠かせないニンニクは、ベースの業務用ソースの味で済ませてしまった。

 

ソースに混ぜ混ぜしてできたパスタがコチラ。

オォ、アサリとホウレン草の春らしいペペロンチーノがいい感じ。

欲を言えばホウレン草ではなく菜の花ならもっと春らしかったけど、まあこんな感じで。

 

さっそくいただきま~ス。

自画自賛で恐縮だけど、これが旨い。

ニンニクと塩味がいい感じで、それに唐辛子のパンチが効いてとても旨い。

奥殿からも美味しいとのことで、家内安全、家庭円満、無病息災って、オマジナイか。

 

アサリも磯の香りがして、いい感じ。

アサリをスープにした時はあまり磯の香りが立たなかったけど、今日は香りがよく立つ。

茹でるのと焼くのでは、香りの立ち方に違いがあるのかも知れない。

 

他にはこんなのも添えてみた。

いつものニンジンの炒めたものとワカメのサラダだ。

よくもまぁ飽きもせずに毎日食べるワ、と思われる向きもあるだろうが、これが飽きない。

飽きないどころか美味しいのだ。

 

パスタの味に邪魔もせず、それにニンジンの鮮やかな色が朝の食事によく映える。

アサリとホウレン草で春らしいパスタになって、美味しかった。

 

ただしニンニクの香りたっぷりのペペロンチーノなので、人に会うのがマズイかも知れないけどね。

朝からパスタで、ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました