ダイニング・バー「1109」で味わう究極のリゾット【豊田市】

 

 

名古屋から友人が来てくれるという。

彼女はお洒落な女性なので、お洒落で美味しい店へ行ってきた。

向かったのはダイニング・バーの「1109」。

ここはシックで大人の雰囲気を漂わせている店なので、彼女にピッタリかと。

 

駅で待ち合わせ、数分も歩けば到着だ。

店に入ればバーマン(バーテンダーのこと)から、少しリニューアルしましたが分かりますかと言われるが、よく分からない。

壁紙やカーペットを替えたらしいが、前がどんなだったか覚えがない。

 

前よりシックな色使いにしたとのこと。

そう言われるとそうかなと思えるけど、人間の記憶なんて当てにならないもので、言われなければ全く気付かないで終わってしまうところだ。

 

それはそうと一杯だ。

先ずは軽くワインから始めてみた。

今夜の彼女は電車なので、飲めるのが嬉しい。

彼女は車で来ることが多く、そのため私一人だけが飲んでいるのが心苦しかったのだ。

 

彼女は白ワイン。

ワインに疎い私なので、何なのかは分からない。

 

私は赤ワインだけど、これもよく分からない。

でも飲めばこれが美味しい。

もしかすると高級なワインだったかも知れないけど、分からないので申し訳ない。

美味しいワインだったということでお許しを。

 

例によってアテがないと飲めない私なので、料理を頼むことに。

メニューはこちら。

この店はダイニング・バーを謳うだけのことはあって、料理が美味しいのだ。

それも半端なく旨い料理で、しかも本格的なのが素晴らしい。

 

で、バーマンに勧められるままに頼んだのがコレ。

”フランス ロアール産の白アスパラと生ハムのサラダ、温玉添え”。

野菜が好きという彼女の希望に応えてくれたもので、とてもお洒落なひと品。

 

酸味の効いたオリーブオイルのドレッシングに、白アスパラのフレッシュでジューシーな味が合わさって、とても上品な味。

添えられた温玉を混ぜ合わせれば、今度は濃厚な味になって一段と美味しくなる。

生ハムも塩辛くなく実にいい塩梅で、彼女からも美味しいとのことで、ご同慶の至り。

 

こんなに美味しい料理なので、ワインも瞬く間にカラに。

で、ウィスキーにしてみた。

ウィスキーもワインと同様よく分からないので、バーマンにお任せ。

 

出されたのは SCAPA (スキャパ)。

スコッチのシングルモルトで煙臭さは少なく感じるが、私の評価なので違うかも知れない。

飲み味は華やかな感じがして、軽いタッチだったような。

 

次にオーダーしたのは、自家製のソーセージ。

今日は、野菜が好きという彼女に合わせて野菜がメインになる感じに盛ったとのこと。

臨機応変に対応してくれるのはオーナーシェフの店ならではで、マニュアルだけのチェーン店では到底望めないサービスだ。

 

今日のソーセージはサラミソーセージの様な感じで、私には合わなかった。

いつものジューシーなソーセージに比べて肉々しい感じで、これはこれで好きな人もいると思うが、硬い感じなのだ。

自家製のソーセージなので、出来具合に差が出来てしまうのが当たり前なのかも知れないから、どうこう言うほどのことでもないが。

 

とは言えしっかりしたソーセージで、ウィスキーに負けていない。

二杯目はそんなソーセージに合わせてくれたかのような、スモーキーなアイリッシュ。

私の拙い知識だと、アイリッシュにはスモーキーフレーバーのウィスキーは無いと思っていたが、実はスモーキーフレーバーの物があるというのだ。

それがこのウィスキーで、Connemara (カネマラ)。

 

飲めばこれが旨い。

深みがあるというかコクがあると言うか、煙臭ささえも癖になる味で味わい深い。

彼女に ”熟女のような味わいがいい” と伝えたけど、ちょっと下品だったか。

 

バーマンが何やら作り始めている。

水と氷をステアして、

と思ったら、これはグラスを冷やすだけで中身は捨ててしまう。

 

次にシェーカーでシャカシャカして出来たのがコレ。

春らしいお洒落な色のカクテルで、てっきり女性のオーダーかと思ったら男の元へ。

 

これを見て彼女に春らしいカクテルをとオーダーした。

使うものはその名もズバリ ”桜”。

春の予感が漂ってくる。

 

何やらマゼマゼしてシェイカーへ。

できたものがコレ。

 

バーマン渾身の力作。

見るからに春らしいカクテルで、とても美味しいとのこと。

 

彼女に一口どうですかと言われたのに、私が飲んで穢れてはと思って遠慮してしまったのが悔やまれる。

一口味あわせて貰えばよかったが、今更だね。

 

次に頼んだのはリゾット。

実はこの店のリゾットが食べたくてここへ来たと言っても過言ではない。

この店のリゾットはそれ程に美味いのだ。

 

オーダーしたのはウニとクリームのリゾット。

ちゃんと取り分けて出されたリゾット。

黄金の色に輝いて見えるが、食べても黄金の旨さ。

 

ここのリゾットは ”おじや” 風のリゾットとは全く別物で、食べれば仰け反る旨さ。

生米から作ったリゾットがアルデンテに仕上げられ、これぞ本物の味。

米にウニの濃厚な味が染みて、その美味しさには言葉を失う。

彼女もホントに美味しいとのことで、こんな美味しいものを美女と味わえるなんて私は果報者だ。

 

ちょっと一息入れて ”白穂乃香” (しろほのか)。

一息入れて、などと言っては申し訳ないほど旨いビールで、機会があればガブ飲みしてみたいものだが、高価なのでそれが出来ないのだ。

 

席を中座し、戻ってきたらテーブルにこんなものが置いてある。

どうしたのと聞けば、カウンターの角の美女からの差し入れだとか。

私が中座している間に彼女と女性とマスターで会話が弾み、それでおすそ分けしてもらったとか。

 

こちらがそのカウンターの美女。

バーへ美女が一人で来るというのが素晴らしい。

 

名古屋の彼女と美女に囲まれてチョー嬉しそうなマスター。

男はみんな単純なのだ。

 

そんなマスターから勧められたのが、トリフュをかけたブルーチーズのピザ。

写真をもう一枚、もう一枚と撮っていれば、トリフュを削り過ぎてしまったとボヤいていた。

 

こんな高級なピザは初めて。

このピザをおすそ分けのお返しをしたのは勿論のことだ。

 

味は深淵にして美味。

ただしブルーチーズの味が勝ってしまい、トリフュの香りが負けてしまうのが残念。

とは言え、豪華なピザではあった。

 

〆はイチゴのミルフィーユ。

チャーミングな彼女に合わせたデザートだ。

 

今夜は名古屋の彼女を迎えての一杯だったけど、マスターやバーマンの気遣いでとても楽しい夜に。

まだ飲めそうな雰囲気でも、彼女は名古屋まで帰るからお開きにした。

 

ダイニング・バー「1109」

 

今夜はよく飲んだし食べたしで、それに何と言っても楽しかった。

ありがとうございました、またお願いします。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました