鶏のクリーム煮とチキンライスでアイリッシュ【自宅】

 

 

ゴールデンウィークにやったことと言えば、ガラス拭きに掃除だけ。

それ以外は飲んでばっかりいたけど、画像も撮っていたので書いてみたい。

 

誰でもだと思うけど、飲むにはアテが欲しい。

たまに飲むのなら遠慮なく奥殿に頼めるのだが、いつもとなると頼みづらいもの。

と言うことで今日も ”自炊” に励むことにした。

 

作るのは鶏のクリーム煮と焼きビーフンで、これ位しか出来ないというのが実情。

それとチキンライスも作ってみることにした。

クリーム煮で鶏肉を使うので、同じ材料というのが理由。

 

準備したのはこんな感じ。

材料さえ用意できれば後は簡単。

味付けとかはレトルトの製品にお任せだからだ。

 

クリーム煮はパスタ用のソースを転用。

これが美味しいのよね。

 

焼きビーフンはケンミンのインスタント物。

味も付いているから手間要らず。

ただし野菜などをたっぷり入れるから味が足りず、そのためオイスターソースで味を足すけど、これが味のグレードを数段上げてくれる。

 

話は一気に飛んで、いきなり焼きビーフンの完成画像。

作っている最中はアレコレとあって、画像を撮り忘れてしまったのだ。

 

お酒はアイリッシュのジェムソン。

スーパーでデモ販売したのを買ったものだが、これが意外に美味しくてもう3本目。

 

取り敢えずこんな感じで一杯とする。

他にオニオンスライスなども並べたけど、これらはいつものものだ。

 

私はロックで飲んでいるけど、奥殿は水割り。

奥殿も初めは炭酸のレモンで割っていたけど、今は水割りが美味しいとのこと。

レモンなどで割ってしまうと、ウィスキー本来の味が分からなくなるからね。

 

それと氷が透明ものでないのが残念なところ。

コンビニで板氷を買ってくればいいのだが、それは贅沢かな。

 

焼きビーフンを食べ終われば、次は鶏のクリーム煮の出番。

焼きビーフンと一緒に作ったものだけど、こういう料理はカレーと同じで放っといてもいいから、長時間飲む時には重宝する。

 

濃厚なチーズ味のソースに鶏肉が絡んで、美味しい。

この料理にはウィスキーがとても良く合う。

ビールも合うけど、ビールは量が多くてお腹が張ってしまうのが難。

その点ウィスキーは少しずつ飲めるのがいい。

 

そんなこんなでダラダラと飲んでいればお腹が空いてきた。

と言うかもう晩ごはんの時間。

こんなにダラけた生活態度でいいのかと思うが、休みだからいいのだ。

 

晩ごはんは用意してあるチキンライスでいってみる。

これだけの材料とケチャップだけで出来るし、それに美味しいのだ。

本当はオムライスにしたいところだけど、卵で巻くことが出来ないので、いつもチキンライス止まり。

 

鶏肉とタマネギをバターで炒める。

次にケチャップを入れ、ケチャップの水分を飛ばすのがコツかな。

その後にご飯で、パラッパラになるまで時間をかけて炒める。

最後に本だしで味にコクを出すのは私のやり方。

 

ハイ出来上がり。

自画自賛で恐縮だけど、これがかなり旨い。

 

ケチャップの水分も飛ばしてあるし、ご飯も時間をかけてパラッパラになるまで炒めてあるから、ベチャッとしていないのだ。

奥殿からもとても美味しいとのことで、恭悦至極。

 

こんな調子で飲んでばっかりのゴールデンウィーク。

まだまだ飲みますけどね。

美味しかった、ご馳走さまでした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました