お初の「巨峰」とビッグなサイズの「冷凍エビフライ」【自宅】

 

 

食後に出されたのは巨峰。

今シーズン初めてのブドウだ。

食べたらこれが甘い!

信じられないほどに甘くて美味しいのだ。

 

たまたま甘いブドウに当たったのかも知れないが、猛暑のおかげで糖度が高くなったのかも知れない。

これほど甘くて美味しいブドウは、近年にない。

 

ウットリするような甘味で満たされ、シビレそう。

ブドウを使ったスイーツも美味しいけど、ホンモノの旨さは格別。

人が作ったものとは違い、自然の作り出した味には純粋で素晴らしいものがある。

 

奥殿もすごく美味しいとのことなので、私の独り合点でもない。

こんな美味しいブドウがスーパーで気楽に買えるのだから、ありがたいことだ。

 

話が前後してしまったけど、この日の晩ご飯のメインはエビフライ。

しかも大きくて立派なエビフライだったのだ。

 

最近はエビが高くなってしまい、エビフライの出番が減っていたし、出たとしても小さいエビフライだったから、嬉しい。

こんな大きなエビフライが出せたのは冷凍モノだからで、これが生のエビだと高くて手が出ないとのこと。

 

これが揚げる前のもので、見るからにビッグなサイズ。

パン粉まで付けられているから、手間も要らない。

ただし見た目は大きくても中のエビは小さいということもあるから、食べて見なければ本当に大きなエビフライかどうかは分からないが。

 

いつも使っているトレーに乗せてもはみ出そう。

20cm はあるかな。

 

揚げるだけだから簡単に出来てしまう。

説明書きの通りに180℃の油で5分揚げたものだけど、”美白” な仕上がり。

もう少し揚げてキツネ色に仕上げても良かったかもだが、これはこれでアリだろう。

 

パン粉も粗目のものが使われていて、いい感じ。

生パン粉だと思うけど、これだけでも美味しそうだ。

 

他にはスモーク鴨の炙りを出してくれた。

そのままでも美味しい鴨だけど、炙ると鴨の旨味がジュワッと出て、格段に旨くなる。

それに焦げた味が大人の味で、ビールやウィスキーにピッタリなのだ。

 

これは野菜のオイスターソース炒め。

作り置きのひと品。

 

エビフライにソースをたっぷりかけて、いただきま~す。

オォ! 旨いエビフライではないか。

エビもみっちり入っていて、衣でごまかした ”上げ底” ではない。

 

それに何と言ってもビッグサイズなのがいい。

ボリュームもあって、二本も食べるとお腹が膨れる。

久しぶりの美味いエビフライに感激してしまい(← ちょっと大げさ)、以後の画像は撮り忘れてしまった。

 

奥殿にこのエビフライって高い?と聞けば、千円とのこと。

エビフライが10本入って千円なので、1本100円。

これが高いのか安いのか私には分からないけど、安いのでは。

 

それと奥殿に言わせれば、下処理が済んでいて揚げるだけなのが助かるとのこと。

それでもって美味しいのだから、これからエビフライはこれでいいです。

 

今夜も美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました