気温4℃の寒い日は寿がきやの「味噌煮込みうどん」【職場】

気温4℃の寒い日は寿がきやの「味噌煮込みうどん」【職場】

 

 

この冬一番の寒さで、最低気温もマイナス4.5℃まで下がった朝。

そんな寒い朝、布団から出るのが億劫であと5分と粘っていたが、気付けば30分も寝過ごしてしまい、アギャー!

 

この ”あと5分” という時の、あの無重力空間に落ちていくような寝落ちの瞬間は実に気持ちがいいもので、寝過ごすのも仕方がない。

ただし寝過ごした後は阿修羅のごとく忙しくなるが。

 

この日は昼も気温が上がらず、4℃までしか上がらない予報。

こんな寒い日の昼は暖まるものがいいということで、味噌煮込みうどんでいってみた。

 

外へ食べに行きたいところだが、諸般の事情(大した事情でもないが)で、ここはインスタントの味噌煮込みうどんで攻めることにした。

インスタントの噌煮込みうどんと言えば ”寿がきや” の一択。

 

他のメーカーからも出ているかも知れないが、寿がきやのものしか見たことが無い。

味噌煮込みうどんは名古屋メシの一つなので、地元名古屋(本社は豊明市だけど)にある寿がきやの独壇場なのかも。

 

この味噌煮込みうどんは麺も硬めで美味しいのだが、作るのに6分かかるのが難点。

インスタントなので出来るだけ早く出来るのが嬉しいのだが、普通のインスタントラーメンの倍の時間がかかるのがツラタン。

6分待つのは長いのだ。

 

作るのは簡単だけど、水の量だけは正確に計らないといけない。

茹でている鍋に味噌スープを入れて一緒に煮込むので、水の量が多いとシャビシャビの味噌煮込みうどんになってしまうからだ。

以前、水を適当に入れて作ったら見事に失敗し、思いっきり薄味の味噌煮込みうどんになってしまい、メチャ不味。

それからは水の量だけはちゃんと計るようにしている。

 

麺を2分茹で、さらに麺をほぐしながら2分茹でたら味噌スープを入れて2分煮込む。

合計6分で出来上がりだ。

 

今日はリッチに温泉卵をトッピング。

添付されている七味唐辛子をパラリとかけて、いただきます。

 

オォ、美味いではないか。

トッピングの温泉卵を割りほぐせば、うどんと味噌スープに絡み合って増々美味に。

唐辛子もいい感じで効いていて、これが有ると無いとでは味の雰囲気がかなり違うと思う。

食べ終えれば体もホカホカとしてくるのは、熱々のうどんだけのせいではなく、唐辛子のためかも。

 

フ~ッ、美味しかった。

これが一食60円(卵は別)で味わえるのだから、昼ごはんとしては究極の安さ。

しかもそこそこに美味いのだから、文句の付けようもない。

 

健康とか栄養のことなどを無視できるのなら、昼は全てインスタントで済ませてもいい位だ。

ただし毎日ではそのうちに飽きると思うけけどネ。

 

それにしても寿がきやの味噌煮込みうどんは美味い。

特にこの日のように寒い日は身も心も暖まるし、そして財布にも優しくて嬉しい。

美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました