NISSIN 行列のできる店のラーメン「担々麺」で朝ラー【自宅】

NISSIN 行列のできる店のラーメン「担々麺」で朝ラー【自宅】

 

 

朝イチからラーメンっていいのか?

イイんです。

多少の罪悪感はあれど、別に朝からラーメンだっていいのだ。

と言うことで朝ラー。

 

作るのはコレ。

NISSINの「担々麺」。

袋のイメージ画像で ”担々麺” ということは分かるが、正式な名前が分からない。

 

日清食品のホームページで見てみれば、「行列のできる店のラーメン 担々麺」というのが正式な名前とのこと。

長い名前だが、名前で注文することもないだろうから関係ないか。

 

この ”行列のできる店のラーメン” はシリーズ物で、20種類以上あるというから驚く。

NISSIN 行列の出来る店のラーメン

知らないだけで、インスタントラーメンの世界は無限に広がっているのだ。

 

私はラーメンは好きなのだが、ラーメン屋へは殆ど行かない。

ラーメン屋が嫌いで行かないのではないが、外食でラーメンを食べに行く気がしないのだ。

 

そんな私に買ってきてくれたのがこのラーメン。

奥殿が買い物へ行ったときに目に付いたものとか。

 

確かにインパクトのあるパッケージで、旨そうな予感がする。

夜明け前という時間で外はまだ暗いが、さっそく作ることにした。

 

作り方は普通のインスタントラーメンと何も変わらない。

3分茹でれば出来上がり。

 

袋に入っていたのはコレで、2食入りなのでこのセットがもう一つ付く。

”辛味すりごま” というのが珍しいが、これがこのラーメンのキモなのかも。

 

インスタントラーメンは麺を茹でるだけなので悩むこともない。

いまNHKの朝ドラでやっている「まんぷく」で、主人公の ”万平さん” も言っている通り、簡単に出来るのがありがたい。

インスタントラーメン(即席ラーメン)を発明した安藤百福さんに感謝しないとね。

 

アッという間に出来たのがこれ。

ネギと温泉卵をトッピングして、いただきます。

 

オォ、コレ旨いではないか。

しかもかなり旨い。

見た目は辛そうな感じだが、辛い感じではなく濃厚で旨味のあるスープ。

添付されていた ”辛味すりごま” が効いているようで、旨辛いのだ。

 

麺は太い。

ごまの風味も濃厚なスープに、腰のある太麺が合う。

 

ラーメンマニアの方々がどんな評価を下すか分からないが、個人的にはとても旨いと思う。

クセになる味と言ってもいい。

 

このラーメンが幾らだったか奥殿に聞けば、300円ぐらい(2食入り)だったと言うから、一食150円程。

乾麺のインスタントラーメンに比べれば高価かも知れないが、それでも150円でこれだけ旨いラーメンが味わえることを思えば格安だ。

 

特にスープの旨さは出色の出来で、かなりのもの。

さっきも書いたけど、NISSINの創業者 安藤百福さんの ”安く・美味しく・簡単に” という理想の追求が実現しているのでは。

 

朝イチのラーメンだったけど、とても美味しかった。

それに冬の寒い朝でも暖まったしね。

朝ラーもなかなかいいものだ。

 

ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました