500円のカツ丼などと侮るなかれ「かつさと」【豊田市】

500円のカツ丼などと侮るなかれ「かつさと」【豊田市】

 

トンカツが食べたくなると、決まって行くのは「かつさと 豊田宮町店」。

ここのロースカツが旨くて行くのだが、今日はカツ丼にしてみた。

 

元々「かつさと」の一番のウリはカツ丼。

故に看板にも「カツ丼」というフレーズが入っている。

しかも500円という衝撃的な安さなのだ。

 

500円のカツ丼なんて、と侮るなかれ。

これが500円のカツ丼とは、俄に信じられない出来なのだ。

見た通りカツの厚みもしっかりあって、食べごたえも十分。

しかも揚げ置きのカツではなく、注文が入ってから揚げるので熱々のカツ丼が味わえる。

 

さらにいつももらえる無料券を使えば、とん汁(ご飯大盛りの選択もアリ)も付く。

カツ丼ととん汁のセットで500円というのはやはり究極の安さで、しかも美味しいのだから文句の付けようがない。

 


 

話がいきなり結論にまで行ってしまったが、話を初めに戻すことに。

 

昼時に入ったので店はほぼ満席。

客層は高齢者夫婦や近くの工場の人など様々だが、目立つのはガテン系の人達。

 

彼らは体を使う仕事なので、大盛りを頼む人が多い。

私の隣の人もそんな人で、ジャンボカツ丼に大とん汁を頼んでいた。

 

私もガッツリと食べたいところだが、以前大盛りのロースカツ定食を頼んだら晩ごはんが食べらなくなってしまったので、普通でいく。

 

頼むものはカツ丼の単品。

とん汁は無料券があるからそれも頼んだ。

 

この店にはランチもあって、しかも11:00~16:30というロングランの設定なので、昼時を外しても慌てる必要がない。

これが14:00までという店だと、オーダーストップが13:30の設定が多いので焦ることに。

 

しかも売り切れ終了という店もあるから、終了間際に行くのはギャンブルになる。

ランチ一つ食べるのにいつもギャンブルでは疲れるが、その点、通し営業の店は心配せずに行けるので助かる。

 

他にはこんなランチもあった。

ねぎおろしチキンカツ定食で600円。

胸肉のチキンカツだと思うが、値打ちなのでは。

 

これは私の好きなロースカツ定食。

カツも美味しいのだが、添えられているキャベツがビックリするぐらい旨いのだ。

 

この千切りのキャベツ、単品で頼めないかとおネエサンに聞けば、有料(100円)になるけど有りますよとのこと。

速攻で頼んだのは言うまでもない。

 

カツ丼が運ばれてきた。

カツ丼にとん汁、それに千切りキャベツの豪華三点盛りだ。

 

隣のガテン系の人は、カツ丼にトンカツソースをドバっとかけていたが、それもいいかも。

カツ丼を食べるのに作法はないから、好きに食べればいいのだ。

 

卵でとじられたトンカツが旨そう。

欲を言えば卵をもう一個使って、トロッとした卵があふれていれば完璧だが、500円という値段からすればこれが精一杯か。

掛けられている丼ツユは意外なほどに上品な味なので、ガテン系の人がやったようにトンカツソースをかけるのも納得だ。

 

単品で追加した千切りキャベツがこれ。

ドバドバとドレッシングをかけて食べれば、これが美味。

量も結構ある。

単なる千切りのキャベツなのだが、極薄に切られたキャベツが美味しいのだ。

 

どうしてこんなに旨いのかとおネエサンに聞いても、スライサーで切って水に晒しているだけで、特別なことは何もないという。

極薄に切ることが美味しさの秘密かも。

 

家にはスライサーが無いので包丁で切るしかない。

包丁でもプロのように薄く切れればいいけど、そんな腕が無いのが残念。

 

久しぶりに食べた「かつさと」のカツ丼。

500円のカツ丼としては、これ以上のものは望めないのでは。

 

カツ丼刑事”(かつどんでか)として有名な竹嶋宗也さんなら、このカツ丼をどう評価するか聞いてみたい。

 

常々「情報提供」(本人は ”タレコミ” と称している)を待っているぜ、と言っているので、今度タレ込んでみようか。

「かつさと」の ”ガサ入れ” をしてもらいたいのだ。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました