今が旬マッ盛りの「生ワカメ」でしゃぶしゃぶ【自宅】

今が旬マッ盛りの「生ワカメ」でしゃぶしゃぶ【自宅】

 

 

今が旬マッ盛りの生ワカメ。

生ワカメはあれこれ手を加えて料理するより、シンプルに食べるのが一番美味しい。

家ではしゃぶしゃぶにするのが常だ。

 

と言うことでこの日は生ワカメのしゃぶしゃぶなのだが、いくら生ワカメが美味しいと言っても、それだけではちょっと寂しい。

 

なのでブリも盛ってもらった。

生ワカメと一緒にブリもしゃぶしゃぶにする魂胆。

少し前も同じパターンでやったが、美味しいから何度でもいいのだ。

 

スーパーで買うブリなので養殖物なのは間違いないが、見た目このブリの油のノリはいい感じ。

養殖物は餌で油のノリをコントロール出来るのが強み。

それに通年で出荷できるから時期外れということが無い。

天然物は良いものは抜群に良いが、そうでない物もあるから、養殖物の方が良いということがあり得る。

 

値段も熟れているので、家で食べるなら養殖物で十分。

もちろん富山や氷見などで穫れるブランド物の天然ブリは最高に旨いが、値段も最高なので手が出ないからね。

 

鍋は材料さえ用意できれば出来たも同然。

特にしゃぶしゃぶは手間のかからない鍋で、味付けはタレを用意すれば済みというチョーお手軽な料理なのだ。

 

因みに今日のタレはおろしポン酢。

生ワカメにはいつもこのパターンのタレだけど、これが飽きないのだ。

 

生ワカメとブリのしゃぶしゃぶなのでお酒が合うが、今日はビールでいってみる。

ビール(と言っても新ジャンルだけど)を買ったら、グラスが付いてきたからだ。

今の時期はビールメーカー各社の新製品ラッシュで、販促にあの手この手で鎬を削っている。

サッポロの麦とホップはグラスのプレゼントだった。

 

奥殿はサントリーの金麦を用意してくれていたけど、麦とホップにしてもらった。

せっかくグラスが麦ホなのだから、それに合わせたもの。

麦ホのグラスだからといって味が変る訳ではないけど、気分の問題でね。

 

それにしてもこのグラス、とても口触りが良くて飲みやすい。

奥殿も同じように感じたと言うし、少し小ぶりなところも気に入ったようだ。

やはりビールメーカーが販促に使うだけのことはある。

 

ワカメもブリも美味しかったが、三つ葉も美味しかった。

しゃぶしゃぶに三つ葉を入れたのは初めてかもだが、これが美味しい。

ワカメにとても良く合うのだ。

 

しゃぶしゃぶに入れても旨かったのだが、お浸しもいい感じ。

これほどタップリの三つ葉が出されるのは珍しいが、とても安かったからとのこと。

三つ葉が幾らぐらいするのか知らないが、ビックリするほど安かったらしい。

おかげでタップリ味わえて嬉しい。

 

生ワカメもブリもタップリ味わったけど、やはりご飯も食べたい。

鍋料理にご飯でもいいけど、鍋料理にご飯って何か違和感を感じるが、これは私だけかも。

 

味噌汁もあるとのことなので、ご飯に味噌汁それに漬物という典型的な日本のご飯にしてもらった。

和食の原点のようなセットで、こういう組み合わせは全く飽きない。

日本人のDNAに刷り込まれた味なのかもしれない。

 

漬物も美味しい。

家で作る漬物だが、市販の漬物液で作ったもの。

ぬか漬けや塩で漬ける ”本物” とは違うけど、美味しくて私は好きだ。

 

いや~美味しかった。

って、次の日もワカメのしゃぶしゃぶだったけどね。

生ワカメは足が早いので、さっさと食べないとダメになってしまうからだ。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました