上出来の「幻舞」-25BY

 

 

お酒の世界では醸造年度というのがあります。

7月1日に始まって翌6月30日までが一年度。

洒落た言い方をすると BY = Breweru Year と言い、年号は和暦を使いますので、今シーズンは、25BY となります。

 

 

で、今シーズンの新酒、つまり 25BY のお酒が出荷されつつあり、いつもの酒屋さんに出向いたら 25BYの「幻舞」(ゲンブ)がありました。

早速購入したら、「ちょうど今日入荷したところですよ」ということで、ジャストタイミング。

 

これです。

幻舞-03

長野の「酒千蔵野」(シュセンクラノ)という蔵のお酒で、聡明で知的美人の杜氏さんが作ったお酒。

 

 

 

千野麻里子、東京農大卒の才媛。

chino mariko-01

 

 

 

彼女が作ったお酒だと思うと、余計に旨く感じるのは、贔屓のし過ぎか。

chino mariko-02

 酒造りが始まると夜も寝られないと聞きますが、本当にそのようです。

杜氏さんとメールしてたことがありますが、この時期は仕事が終わると疲れ果ててしまい、そのままバタンキューで、メールするヒマもないと言ってましたから。

 

 

 

この日の酒屋さんの冷蔵庫には、獺祭50も小左衛門もあり、豪華三点買い。

幻舞-15

 

今夜は何から飲みましょうか、、、

 

やはり「幻舞」です。

何と言っても半年ぶりですから。

 

 

ホッケの干物をアテに、一杯。

幻舞-07

ウッヒョー、、、まるでフルーツのような吟醸香が香りたち、後味の爽やかな酸味と甘味が絡み合って、素晴らしく旨い。

とてもお米だけが原料とは思えないです。

 

昨年の物より出来がいい。

確実に進化し、より向上したお酒に仕上がってます。

 

25BY の幻舞、、、素晴らしい出来で、今年も嵌りそう。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました