キノコ、キノコの仙人小屋【山梨県・甲斐大泉】

 

 

八ヶ岳倶楽部からの話の続きで、同じ甲斐大泉にある猟師料理の「仙人小屋」へ。

店の前にあるモミジが綺麗に色づいている。

八ヶ岳-086

驚くほど多くの人が待っているのに、ビックリ。

 

混み合ってはいても、予約一番だから一番に呼ばれて店内へ。

店内はこんな感じ。

八ヶ岳-089

不潔ではないけど、綺麗でもない雑然とした印象。

都会人には、こういう田舎っぽい雰囲気がいいのかも。

 

オーダーは外で済んでいるので、続々と料理が運ばれてくる。

頼んだ料理は、焼きキノコ定食☓3、キノコ鍋定食☓2、単品のキノコの天ぷら、それに奮発して5,000円の焼き松茸。

 

最初に運ばれてきたのは、キノコの天ぷら。

八ヶ岳-091

コレ、一人前ですか?

画像では量が分かりにくいけど、幅50cm、奥行き20cmはあろうかという、鮨下駄のような器にテンコ盛り。

 

5人でなければこれだけでギブアップの大量のキノコで、しかも一つ一つのキノコがデカイ。

八ヶ岳-093

キノコで分かるのは椎茸とシメジぐらいで、他は全く不明だけど、どれも旨い。

 

続いてやってきたのは「焼きキノコ定食」。

八ヶ岳-096

三宝に乗った大きなキノコ。

左下のご飯の器が「小丼サイズ」と言えば、全体のサイズが伝わるだろうか。

 

焼き肉のように焼くキノコ。

八ヶ岳-103-01

何が何のキノコかさっぱり分からない。

 

こちらは「キノコ鍋」。

八ヶ岳-099

洗面器サイズの鍋に、キノコがぎっしり。

 

嬉しい事に松茸も入ってる。

八ヶ岳-100

ドーム状のキノコは、なんていうキノコなのかな。

 

テーブルいっぱいにキノコを広げて食べていたら、TBSの取材を受けてしまった。

八ヶ岳-107

しっかりと撮影していったし、コメントもかなりの時間を割いて撮っていたから、多分放映されたと思う。

 

鍋がいい感じに。

八ヶ岳-106

どの料理も旨いけど、天ぷら、焼き、鍋、の中では、鍋が一番旨い。

ただしどれも量が多く、食べても食べてもキノコが減らないのには閉口した。

 

後ろの客(ライダー)が、熊肉の焼きを頼んでいたけど、肉の色が鮮やか。

肉が硬いかもと言ってたけど、食べてみれはそれほど硬くなかったとの事。

ただし、格別に旨いとは言ってなかったから、味はボチボチと言ったところか。

 

真打ちの松茸の登場。

八ヶ岳-102

ところが5,000円も出した割に、香りが無い。

まさか Korea とか Canada ではないよね。

 

それはともかく、焼きます。

八ヶ岳-104

ビジュアルは豪華だけど、やっぱり香りが無い。

食感は松茸そのものだけど、香りがね、、、ちょっとミスった。

 

キノコはまだまだある。

八ヶ岳-105

焼くのが面倒になってしまい、残ったキノコは全部鍋の中へ放り込んでしまった。

 

当分はキノコを食べたくないほど、腹一杯に。

これで5人で2万円強。

よく分からずにオーダーしたから、大量に頼んでしまったけど、もう少し上手に頼めばもっとお安く上がるはず。

それに松茸を頼まなければ、5,000円も安くなるしね。

 

◆ 店データ (情報は確認して下さい 画像クリックで食べログにジャンプ)

sennin goya

 

ブレイクする前の仙人小屋は、今と違ってメニューもなく、また訪れる人も少なくて、仙人を称するオヤジと話をしながら食べたもの。

当時は仙人が山で採ってきた物だけで営業していたのが、今の客数を見ると、仙人一人で採ってくる量では間に合わないことは明白。

他の人に頼んで採ってもらってるか、或いは仕入れているのかも。

 

10年前に比べて、普通の店になった気がする。

それで繁盛してるからいいことなのだろうが、この状態では再訪はないかな。

あの香りの全くしない松茸を出されてはね。

 

そう言えば、あの仙人のようなオヤジの顔を見なかったけど、、、

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました