日本料理屋「菜花むら」【豊田市】

 

 

以前、同級生とランチをした時、「どこかいい店ない?」という問いに、行ったことないけど ”菜花むら” という店が良さそう、と答えておいた。

そしたら「連れていけ、」というお呼びがあったので、イヤイヤ ありがたく行かせてもらった。

 

口も肥えてるし料理もよく知ってる連中なので、美味しい料理を願って入店。

菜花むら-02

いい雰囲気のエントランス。

 

 

 

 

 

半個室のテーブル席が用意されていた。

照明は暗めで、デート向き。

菜花むら-06

今日のコース料理。

食べきれるか心配になるほどの品数。

 

 

 

 

 

先付け。

菜花むら-05

上品な酢の物で、干し柿の味がアクセント。

 

 

 

 

 

酒メニュー。

菜花むら-03

日本酒にかぎらず、あまり充実したラインナップではない。

他にお奨めの酒はないかと尋ねたら、メニューの辛口の一ノ蔵がお薦めとのこと。

要するにこのメニュー以外には無いということ。

それと「旨い酒=辛口」、という単純な図式を未だに信じてるのは、勉強不足。

 

 

 

 

 

選択肢がないので、スパークリングの「澪」。

菜花むら-04

同行の女性が最初の一杯だけお酌してくれたけど、後は手酌で、と釘をさされた。

ハイハイ、慣れてますから。

それにしても愛情が伝わってこないのは、愛が無いためか、、、

 

 

 

 

 

椀物。

菜花むら-07

上品だけど、量的にも上品。

 

 

 

 

 

向付け、刺身のことだけど、少な。

菜花むら-09

極小のヒラメの刺し身が数切れ。

女性からは「たったこれだけ?」という声。

柚子を繰り抜いた中にツマが詰めてあって、その上に刺し身が盛ってあるのだから、いかにヒラメの刺し身が小さいかお分かりでしょう。

いくら会席を謳った料理とは言え、ままごとのようなチマチマとした盛り。

過去最小サイズの刺し身。

 

 

 

 

 

八寸。

菜花むら-11

作り置きの盛り合わせで、入れ物を箱にすればランチにもなる。

 

器がザルなので、稲穂の米粒やら栗を模した揚げそうめんが、ザルの隙間からからこぼれ落ちて机の上が汚くなる。

フロア担当(店主の奥方)が綺麗にしてくれないので、仕方なく客が片付ける始末。

思いつきのデコレーションで、不適切。

 

それと、これも料理が小さい。

揚げた稲穂の一粒がお米の一粒だから、各料理がいかに小さいかお分かりでしょう。

デコレーションで見せてるだけで、料理そのものは並のレベル。

 

 

 

 

 

品書きの八寸の部分を抜き出してみた。

菜花むら-06-1

品書きだと素晴らしく豪華な感じを受けるけど、実際はチマチマとした料理。

料理に詳しい女性からは、作り置きの料理だね、という評価。

実際、華やかさもないし、感嘆するような見栄えもない。

 

 

 

 

 

煮物・揚げ物など、がこれ。

菜花むら-12

ローストポーク? それとも煮豚?

料理についての説明が一切ないので、不明。

それとこれも一切れが小さい。

 

 

 

 

カキフライ(たった一粒)と、飯もので締めだったけど、この時期に牡蠣ね。

それと蟹の味噌汁は、蟹の味が全くしなくて、蟹もスカスカで食べられない。

味噌汁にも蟹の味は全くしないのは、どうしたことか。

 

 

 

 

 

デザートの栗羊羹?

菜花むら-18これにコーヒーが付いて5,400円。

 

丁寧な料理といえばそうだけど、華がない。

ワクワクさせるようなものが感じられないし、これがうちのウリ、とか、今日のメインはコレっていうものがない。

卒なくまとまって優等生的な料理だけど、惹きつける魅力がないのが残念。

 

「菜花むら」のHP

立派なホームページ。

 

 

 

食べログでは褒めてる人ばかりだけど、今日の料理の限りではそうは思わない。

全体的にデコレーション優先で作ってる感じ。

 

価値観は人それぞれだけど、この程度なら居酒屋の方が旨い料理が出るし、もっと値打ちに食べられる。

菜花むら-17

並みの料理で詰まらなかったので、次回をやることに。

次はいい店へ、というプレッシャーが重いけど、素敵な店がありますから、、、

 

それにしてもあの刺し身の極小のサイズには驚かされた。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました