近江長浜の蕎麦屋「みたに」

 

ある読者の方から、この記事の画像表示が変との指摘を受けました(2017-04)。

このブログで使っているソフトウェア(WordPress)のテンプレートを変更した際にエラーをしてしまい、この記事の画像が失われてしまったようで、復元できたものは改めて掲載しましたが、一部の画像は行方不明のまま。

仕方ないので、一部の記事と画像を削除しました。

 


 

黒壁スクエアの界隈を散策していたら、目に飛び込んできたのが蕎麦「みたに」。

蕎麦屋があることは知っていましたが、蕎麦は当たり外れが大きく、とくに観光地にある蕎麦屋には、いい印象がありません。

 

なので蕎麦を敬遠してオムライスの「洋屋」で食べたのですが、この店を見た瞬間、オーラを感じる。

 

蕎麦みたに-026

奥殿に聞けば、やはりオーラを感じると。

 

さっき食べたばかりだけど、この際と言うことで入店。

蕎麦みたに-023

綺麗に掃除されている入り口。

シーサーがお出迎えでだけど、なんでここ長浜にいるの?

 

店内も凛とした佇まいで、珪藻土の壁と梁が美しく調和してます。

蕎麦みたに-003

余計な物は何もない、緊張感のある設え。

 

茶器からしてオーラを発してます。

蕎麦みたに-004

素敵な湯呑み。

 

メニュー。

板張りです。

 

蕎麦の品書き。

「細挽きせいろ」と「粗挽き田舎」を注文。

 

アテも揃ってます。

次は飲みに来たくなる、一品料理の品々。

 

趣きのあるそば猪口と小皿。

一口目は塩で召し上がって欲しい、とのこと。

 

程なくやってきた、粗挽きの田舎蕎麦。

蕎麦が光ってます。器も信楽?の渋い器。

 

言われた通り、最初の一口を塩で食べてみたところ、、、旨い!

過去にも塩で食べて下さいという店は多々ありましたが、さほど感激したことはありません。

でもこの蕎麦は違います。

全部塩で食べてしまいそうなほど、美味しいのです。

 

田舎蕎麦でありながら細打ちで喉ごしよく、上品で、しかも薫りも味も素晴らしいのです。

見た目も艷やかで、瑞々しく光っているのが、画像でお分かりいただけるでしょうか。

この記事を書いている今も、食べに行きたくなってきた、、、

 

奥殿注文の、細挽きせいろ蕎麦。

更科系の繊細な蕎麦。

奥殿の感想は「これはこれで美味しいのだけど、田舎蕎麦にすればよかった」とのこと。

 

上品でサラっとした蕎麦は、決して不味いのではありませんが、田舎蕎麦の強烈なインパクトの前では、存在感が失われてしまいます。

ただこれは個人の好みであって、この蕎麦を否定しているのではありません。

どちらも、アッという間に完食、、、旨かった。

 

「そば湯です」と、シックな朱の輪島塗?の器で運ばれてきた、そば湯。

使い込んだ感じが、何とも言えない風格と味わいを感じさせます。

 

 

 

しかもここのそば湯、私の大好きなポタージュ系。

嬉しい・・・

 

店の内外装、接客、価格、設え、器、肝心の蕎麦、そしてそば湯に至るまで、高得点。

これほど完成度の高い蕎麦屋は、滅多にお目にかかれません。

高評価の店です。

 

◆店データ
手打ち蕎麦 「みたに」
住所 : 滋賀県長浜市朝日町1-6
電話 : 0749-63-0003
営業 : 11:30~14:30 / 17:30~21:30 / 月曜・第3火曜定休

⇒ Home Page

 

 

豊田から1時半ほどで着きますから、すぐにでも再訪したい店、、、次はいつ行きましょうか。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました