ホットプレートの出番

 

 

冬はホットプレートで鉄板焼きもいいのですが、鉄板焼きをやると部屋が臭くなるという理由で、最近はプレートの出番がほとんど無し。

 

でもそれでは折角買ったホットプレートが宝の持ち腐れになってしまうので、今日は久しぶりに引っ張り出してきて、鉄板焼きです。

 

 

用意したのは、先ずは肉が好きな子供のために、牛肉。

ホットプレート-05

いつもはオーストラリア産かアメリカ産ばかりなのですが、今日は国産の黒毛和牛。

 

 

 

それと刺身用の小イカがあったので小イカと、冷凍物だけど旨い三重鳥羽産の牡蠣。

ホットプレート-02

他に日本酒に合いそうなツマミも、用意してもらいます。

 

 

 

小イカは元々が刺身用なので、刺し身に。

ホットプレート-11

生姜をのせてイカそうめんのようにしてもらったのですが、生姜は失敗。

やはりワサビの方が合います。

でもイカは旨かった。

何イカか知りませんが、ネットリとして甘く、とても旨いイカ。

お酒にピッタリ。

 

 

 

今日の晩御飯。

ホットプレート-08

ローストビーフは私の作。

 

 

 

今日は豪華に「獺祭」と「幻舞」を飲み比べしてみます。

ホットプレート-10

どちらも吟醸系の上等なお酒ですが、幻舞のほうが柑橘系の風合いがより効いてます。

このクラスのお酒になると、どの料理に合わせるかで評価が違ってきます。

 

 

 

飲み比べてみて分かったのは、イカの刺身には獺祭がより合います。

ホットプレート-15

幻舞は、その華やかな風味が料理に勝ってしまい、お酒が主役になってしまいます。

その点獺祭は料理の邪魔をせずに、脇役を努めてます。

ただし脇役と言っても十分過ぎるほど、光ってますが。

 

 

自作のローストビーフ。

ホットプレート-12

これには幻舞が合います。

幻舞の持つ、華やかな柑橘系の酸味が料理に負けていません。

 

 

とは言え、獺祭も幻舞のどちらもとても美味しいお酒。

ホットプレート-14

こんな風に比べて飲んで、しかも料理を替えて合わせたら違いが分かる程度の評価で、単独で飲めばどちらも何の不足もありません。

不足どころか、どちらも「とても旨い」の一言です。

こんな贅沢はお店では出来ません。

 

 

 

今日の本命の鉄板焼き。

ホットプレート-17

牛肉は柔らかくて適度な脂も含んでいて美味しいけれど、いつものアメリカやオーストラリア産の輸入肉と、今日の国産牛の違いがよく分かりません。

尤も、もっと高い肉を買えば違いがあるかもしれませんが。

 

牡蠣は磯の香りたっぷりで旨かったのですが、更に旨かったのは小イカを焼いたもの。

刺身でもいけるので、すこし炙ったような具合で食べたら、これが旨い。

 

生姜醤油で食べたのですが、ホント驚くほど旨いのです。

子供も肉そっちのけで、イカばっかりパクついてます。

結構たくさんあったのですが、結局全部焼いて食べてしまいました。

 

奥殿にイカの値段を聞いてビックリ。

大きめのトレー一杯で、たったの500円、、、安い。

小イカの焼きの画像は残念ながら撮り忘れで無いのですが、それにしても旨いイカだった。

 

 

次回は肉無しで、イカと牡蠣だけでやりたいところ。

これならホットプレートの出番が増えそうです。

 

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました