「恵那寿や観音寺店」で抹茶ラテ【恵那市】

 

 

今日は封書を出そうと郵便局まで行ったら、封書が無い。

出そうと思ってた封書を忘れた。

朝っぱらから何をやってんだか、、、

 

瑞浪の「陸」でランチの後、まだ時間が早いということで恵那市まで足を伸ばした。

いつもの駅前駐車場に車を停めたら、こんなすごい車が停めてある。

恵那寿や-06

アストン マーチンのラピード。

2,500万円もする超高級車、、、家一軒分!

 

画像では伝わらないかも知れないけど、圧倒的な存在感と気品さを辺りに漂わせてる。

隣の車はベンツだけど、全く目立たない。

それほどアストンに存在感があるということだ。

 

ちょうど今、来日中のウィリアム王子が結婚式に乗った車がアストン マーチン。

ラピードはその直系の子孫。

ASTON MARTIN-1

これはチャールズ皇太子の愛車で、50年以上も前のビンテージなもの。

因みに007のジェームスボンドが乗っていたのもこの車で、英国を代表する車。

 

2,500万円もする車は夢のまた夢として、いつもの五平餅屋へ。

恵那寿や-20

さっきランチしたばかりでとても食べられないから、今日はお持ち帰り。

 

ついでにもう一軒行きたい店があり、そちらへも。

恵那寿や-14

「あまから本店」から徒歩一分の所にある「藤田屋精肉店」。

ここで欲しかったのは「どて煮」。

幸い売り切れていなくて、2パック購入。

 

肉屋の隣は「恵那寿や」の本店。

恵那寿や-15

ここでふと閃いた、、、

そう言えば恵那寿やのナントカ店には、喫茶が出来る店があることを思い出した。

折角だからと本店で聞けば、車で10分ほどの所にある「観音寺店」とのこと。

場所は分かりますかと聞かれたけど、Google Naviという強い味方があるから大丈夫。

 

で、スマホのNaviのままに走って「恵那寿や観音寺店」。

恵那寿や-22

途中「栗きんとん」の看板があったので、ここだと思って飛び込んだら「恵那川上屋」だったという洒落にもならないドジもしながら、到着。

 

素晴らしい店だけど、お客さんも車も皆無。

恵那寿や-49

定休日かと思ったほどの静けさ。

後で知ったことだけど、ここは工場がメインで喫茶の方は併設されたものだとか。

それでこんなに静かなのね。

 

それはともかく、工場らしからぬシックな建物。

で、店内へ。

恵那寿や-25

冬枯れのシュールな世界。

静かというより物音一つしない静寂さ。

禅寺にでも来たような雰囲気。

 

メニュー。

恵那寿や-26

飲み物にお菓子を付けるのがお薦めとのこと。

 

お菓子のメニュー。

恵那寿や-27

他にレギュラーのお菓子もある。

接客はとてもゆったりとしてて、かつ上品な応対。

 

奥殿は抹茶に栗きんとんナンチャラ、私は抹茶ラテに栗きんつばをオーダー。

やってきたキメの細かい泡泡の抹茶ラテ。

恵那寿や-33

クリーミーな泡に包まれた抹茶が旨い。

生クリームも欲しくなったけど、それは邪道か。

とても美味しい抹茶ラテだった。

 

栗きんつば。

恵那寿や-32

砂糖控えめで栗の甘みがよく分かる。

栗がたっぷり入っているのは、さすが栗きんとんで有名な店ならでは。

 

こちらは奥殿注文の栗きんとんナンチャラ。

恵那寿や-35

栗きんとんが餡にくるまれてるものとか。

 

それにしても静か。

恵那寿や-30

無駄なものや美観を損ねるようなものは一切無し。

細部にまで掃除が行き届いていて、ガラス窓など一点の曇りもない。

寛ぐというよりも思わず背筋が伸びる感じといえば伝わるでしょうか。

 

秋の栗きんとんの時期はすごく混むでしょ、と聞いたら、夏の「桃のかき氷」の時も凄いです、とのこと。

桃のかき氷、、、食べてみたくなった。

真夏のメッチャ暑い日に来てみましょうか。

 

栗きんつばが美味しかったので、それを土産にした。

恵那寿や-42

店頭の子はバイトだろうけど、接客はとても穏やか。

しっかりと訓練されてるのでしょう。

 

他にもいろいろある。

恵那寿や-41

栗を使ったお菓子が多い。

 

素晴らしく綺麗な店で味わう抹茶とお菓子。

恵那寿や-51

静かでゆったりとした雰囲気は今だけか。

これが栗きんとんの季節は客でごった返すのかと思うとイメージが狂う。

ここだけはこのまま静かであって欲しい。

 

今日の土産。

先ずは「あまから本店」の五平餅。

恵那寿や-54

恵那寿や-61

魚焼きグリルで炙ったけど、表面のカリッとした感じは失われてる。

出来たて熱々を食べたほうが旨いのは当たり前か。

 

「恵那寿や」の栗きんつば。

恵那寿や-53

旨いし日持ちもするから土産にはいい。

 

藤田精肉店のどて煮。

恵那寿や-04

もつ肉がタップリと入ってこれで400円は安い。

ネギは家で追加したものだけど、二人分は十分にある。

奥三河の観光地系「どて煮」だと、コンニャクが8割 肉2割の感じで、しかももっと高い。

恵那の藤田屋が作るのは肉が9割で、それに味もいい。

 

今日は瑞浪の「陸」から恵那の「恵那寿や」まで、充実したツーリング。

恵那寿や-48

画像では屋根を閉めてるけど、オープンで駆け巡ったのは当然のこと。

 

このままバキューンと帰って、どて煮で一杯が美味かった。

恵那寿や-05

休みさえあればまだまだ行きますよ。

次はどこへ行こうか、、、

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました