丁寧に作られた料理が美味しい料理屋の「 きふね」【豊田市】

 

 

タイトルに ”料理が美味しい料理屋” と書いたけど、時には期待通りではない店もある。

その点この「きふね」は、美味しい料理をサラッと出してくるのが素晴らしい。

しかも ”如何にも” という派手さもなく、控え目で奥ゆかしいいい店なのだ。

 

今日の飲み会はあるイベントの打ち上げ。

会場の「きふね」は、表通りにあるとは思えない静かな佇まいの店だ。

通常は夜営業だけの店だけど、関係者のツテて昼時間に宴会をやらせてもらった。

 

今日はいつもの幹事会より出席率がいい。

やはり飲食が伴うと出席もいいのは世の常か。

イベント自体は幹事の方々の努力でいいイベントになり、そのため慰労会も明るい雰囲気。

 

それはともかく、乾杯も済めば食事だ。

前菜からしてきちっとした料理なのは、さすが料理屋を謳うだけのことはある。

それぞれに手の入った料理で、しかも美味しいのは流石。

 

お酒もいいものが揃っている。

〆張鶴の純を二合でお願いした。

 

とても飲みやすくて美味しい。

昼から飲めるのは楽しいし、半年間一緒にやってきた人たちと一緒なので、余計に楽しい。

 

刺し身。

普通に盛られた刺し身だけど、なにげに美味しい。

ブリは油ノリノリでも決してクドクないし、鯛も甘エビもぷりぷりしていて美味しいのだ。

やはりスーパーで買ってくる刺し身とはどこそこ違う。

 

ブリの照焼。

パサつきのない照り焼きで、やはり素材自体がいいものだのだと思う。

 

煮物には大きなネギ(下仁田ネギ?)が入っていた。

味付けもよく、ネギも旨い。

ネギの入った煮物なんて初めて食べたかも。

 

この料理が特に美味しかった。

カニを薄皮で包んであんかけ仕立てにしたもの。

上品な薄味に青菜がよく合っていて、素晴らしく美味しい。

家ではとても真似の出来ない味と作りで、さすがプロの料理。

 

それとこの薄皮が何なのか、よく分からない。

春巻きの皮だとここまで透明感がないと思うし、ましてや餃子の皮でもない。

よく分からないけど美味しいのだ。

 

二杯目のお酒はマスターにお任せ。

酸味の効いた吟醸系のお酒をとお願いしたら、その通りのお酒が来た。

銘柄は聞き漏らしたけど、美味しい。

それとこのそば猪口は、もしかするとアンティークなものかも。

 

揚げ物。

これにご飯と汁がついて、お腹いっぱい。

今日は会費制ではなかったので、このコースでいくらなのかは不明だけど、会計さんによれば予算内に収まったとのことなので、お値打ちだったのだろ。

 

設いも落ち着いているし、シットリとした雰囲気など如何にも「料理屋」と言った風情。

料理は丁寧に作られていて美味しく、質が高い感じ。

飲んで騒いでという向きには合わないかもしれないけど、美味しい食事を楽しみながら飲むという向きにはぴったりだと思う。

 

お料理「きふね」

 

京風の和食が味わえるいい店でした。

ごちそう様でした。

 

 

 

 

ランキングに参加してますのでクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました