桜もいいけど春先に味わうブリの刺身も美味しい【自宅】

 

 

桜を見るには一番いい週末だったけど、雨模様で出かけるのは中止。

出かけないからといって家でダラダラしていられる訳ではなく、前から奥殿が替えたいと望んでいた、ガスコンロの注文に付き合うことになった。

 

ガスコンロは壊れた訳ではないけど、過熱防止のセンサーが過敏になっていて、時々ピピッと言う警告音と共にガスが遮断されるのだ。

いつも起きることではないから私は気にならないが、頻繁に使う奥殿にとってはそれが結構ストレスらしい。

 

それと20年以上も使っているためか、火力も落ちている気がする。

ガスコンロは毎日使うものだし、人生の大きな楽しみである食べることに直結する道具なので、ここは奥殿の希望通りに買い換えることにした。

 

奥殿がパンフレットであれこれと検討し、ガス会社の店頭にも出向いて現物をチェックして決めていたので、後は見積もりを取って発注するだけだ。

どのメーカーの何の機種で決めても、それは奥殿が決めること。

台所は女の城なので、奥殿から相談されない限り、男がいちいち口を挟まない方がいい。

厨房機器のパンフレットを眺めながら選ぶ作業は、女性にとっては夢をかなえるような楽しいことだろうから、余計な口出しをして邪魔をしてはいけないのだ。

 

で、ガス会社に行って見積もりを頼むのだけど、ガスコンロだけではなく、レンジフードも一緒に取り替えることになった。

確かに使っている換気扇も汚れているし、排気効率も落ちている。

それにガスコンロが意外と安く、20万円ぐらいすると思っていたら13万円でお釣りが出るとのこと。

 

ガスコンロとレンジフードをセットで換えると、レンジフードのオート機能が使えて、更に便利になる。

と言うことで、ガスコンロとレンジフードを一緒に発注という事になり、奥殿ニンマリ。

 

これで私が欲しかったGRⅡは、銀河系の彼方までぶっ飛んだ気がする。

このカメラ、果たして今世紀中に買えるだろうか。

 

こんな日の一杯は珍しくブリの刺身。

今の時期のブリなのでたぶん養殖ものだと思うけど、元々養殖ものに抵抗のない私なので、全然気にならない。

それに養殖モノのブリは、年中油が乗っていて美味しいのだ。

 

これに合わせたお酒は、貰い物の「東洋美人」。

まだ少し残っていたので出してもらったけど、やっぱり旨いお酒だ。

 

フルーティーな酸味が広がり、後味も爽やかな美味しいお酒。

油の乗ったブリの刺身にもピッタリで、やはり日本酒と刺し身は和食を代表する組み合わせ。

実に美味しい。

 

こんな旨いアテとお酒があると、食べるのも飲むのも一気にいってしまい、すぐに次の料理を用意してもらった。

用意された料理は、卵焼きと牡蠣のオイスターソース炒め。

フットワークも軽く作ってくれるのは、ガスコンロを発注したことで気分がいいのかも。

 

こちらは牡蠣。

例によって冷凍の牡蠣だけど、これが美味しくて、もうロケットの牡蠣には戻れない。

 

牡蠣とエノキをフライパンで炒め、最後にほうれん草を加えてオイスターソースで味付けるだけで、旨い料理の出来上がり。

こんなに簡単にできる料理でも素晴らしく旨いのは、牡蠣とオイスターソースの相性が抜群なのと、やはり冷凍の牡蠣のモノが良いからだと思う。

冷凍技術も進化しているものだと感心する。

 

この料理にはビールを合わせたけど、お酒でもよかったか。

ビールでも美味しかったから、大した問題ではないけどね。

 

庭のノムラモミジが芽吹いてきた。

雨に濡れた新芽が初々しい。

 

桜は今が本番だけど、春はこれからが本番。

来週末は桜を見がてら何処かへツーリングに行きたいもの。

オープンなので天気次第だけどね。

 

美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

 

ランキングに参加してますのでクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました