出番の多いレトルトを使った「鶏肉のミートソース炒め」【自宅】

 

 

このブログではやたらと登場回数が多い、鶏もも肉のミートソース炒め。

登場回数が多いのは他の料理をあまり知らないこともあるが、それよりも食べて美味しいというのが大きな要因だ。

 

今回もご登場願ったのはレトルトのミートソース。

本来はパスタ用のソースだ。

これがあれば、料理のスキルの低い私でも手間もかからずに美味しく出来るという、心強い援軍なのだ。

 

用意した材料はこれ。

いつもと変わらぬ材料で、いまさら説明の必要もない。

 

鶏肉をジャー、続いて野菜を入れてジャー。

以前は強火で炒めていたけど、今は中火程度の火力で時間をかけて炒めている。

その方が肉も野菜も柔らかく、しかもジューシーに仕上がるからだ。

どうしてそうなるかは知らないけど、結果として美味しく出来るからそうしている。

 

火が通ったらミートソースをドッバー。

これでほぼ完成という簡単お手軽な料理。

 

ただしこのままでは色気がないので、ほうれん草を入れてビジュアルを良くする。

って、カルボナーラのソースを転用したクリーム煮でも同じ事を書いたような気がするが。

 

野菜をたくさん追加しているからこのままではちょっと味が足りないだろうと、オイスターソースで味を追加。

この辺りは適当でも何とかなる。

 

お皿に盛れば、ハイ出来上がり。

”太陽をいっぱいに浴びた完熟のトマトを使った、鶏もも肉のミートソース炒め” って、ちょっと大げさか。

 

ネーミングはともかく、食べればこれが旨い。

酸味の効いたトマトソースと鶏肉の相性が実にいいのだ。

 

さっそく一杯にするのはもちろんのこと。

この手の料理にはビールがピッタリだね。

旨いわ~。

 

アッという間に一皿食べてしまい、二皿目。

レトルトとは言えいい味している。

この味を自分で出せと言われても、とても出来ない。

 

今は飲食店でも業務用のレトルト食材を使うことがあるけど、それは否定しない。

ただ、例えばオムライスをウリにしている店が、業務用のオムレツを使って作っていることを知ってしまうと、やはりチョットと思う。

今はチキンライスも冷凍の業務用があるから、もしかすると業務用のチキンライスに、解凍したオムレツを乗せただけかも。

つまり何も作っていないのだ。

 

それはそれで仕方のないことと思うけど、そんな店のことを「オムライスの名店」と持ち上げるのはどうかと思う。

ま、食べて美味しいと思えればいいのかもしれないが、何だかね。

 

すいません、自分でレトルトものを使っておきながら、言いたい放題でした。

 

で、こんな感じで一杯飲んだ後、ご飯もちゃんと食べたけど画像は撮り忘れ。

画像がないと書きにくいから、今日はここまでということで。

 

美味しかった、ごちそう様。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました