Edy などの電子マネーと仮想通貨ビットコインの違い【雑談】

 

 

去年の話になるけど、クレジットカードの更新の案内が来た。

更新そのものは何もすることなく済んだのだが、そのカードに付属している電子マネーの Edy については、新しいカードに引き継げないというのだ。

説明書きには「Edyについては引き継げないので、使い切ってほしい」とある。

Edyには大した残金がある訳ではないが、使わずに捨ててしまうのは勿体無い。

さっそく近くのコンビニで残金を見てもらえば、600円ほどあるというではないか。

 

折角なのでシュークリームやお菓子などを買って使い切ったけど、なんでこんな面倒なことをしなければならないのだろうか。

残金が数万円もあるなら、必要のないものでも無理矢理に買って使い切らないといけないことになる。

もし残金があることに気が付かずにカードの有効期間が切れ、そのカードを破棄してしまうとEdyも使えなくなってしまうのだ。

 

電子マネーは今や数多くの種類のものが出回っている。

楽天Edyなどのクレジットカード系のものや、manacaやSuicaなどの交通系、WAON(イオン)などの流通系など各種様々ある。

電子マネーそのものには有効期限など無いはずだが、カードには有効期限があって、それがために使えなくなることがあるから、注意が必要なのだ。

 

では電子マネーを現金に換金してしまえば問題は解決かというと、これが出来ない。

ここがいま流行りのビットコイン(BTC)に代表される ”仮想通貨” との違いで、仮想通貨は現金に換金できるのだ。

 

仮想通貨なら現金に換金できるから、その方が便利なのではということになるが、仮想通貨には強制性がなく、どこでも使えるという状況ではない。

ここで言う ”強制性” とは、例えば日本で買い物をして支払いに日本円を出したら、店側はその受取りを拒否できないことを言う。

これが強制性なのだが、BTCにはそれがないから、受取りを拒否、つまり買い物ができないことになる。

それは仮想通貨は何の裏付けもなく、また管理者もいないからだ。

 

それにBTCを持って銀行に行っても日本円にはしてくれない。

だいたいビットコインその物は現物すらなく、全てはネット上の仮想のものなのだ。

 

日本円なら国家というか日本経済そのものが裏付けとなっているし、日本銀行という国家レベルの組織が管理しているから、安定している。

仮想通貨には管理者がいないから、誰かの思惑で相場が乱高下してしまい、それがリスクともなるしリターンともなる。

 

極端だが、今日1BTCが100万円だったのが明日には120万円にもなるし、逆に70万円になってしまうことすら当たり前にある。

そんな不安定なものだから面白いと言えば面白いが、ギャンブルだ。

 

参考までにチャートを載せておくけど、いかに乱高下しているかがお分かりだろう。

今年の年初(1月5日)頃には 1BTCが200万円していたものが、一ヶ月後の2月5日には100万円を切るまでになってしまっているから恐ろしい。

 

一年前は1BTC が10~20万円だったから、その乱高下の凄まじさはまさにギャンブル。

こんなのでは安定した決済など出来ないから、まともな経済取引など到底無理。

これがもし円ドル相場だとしたら、日本経済は大混乱になっている。

 

こちらはBTCの取引の現場。

まるで円ドル相場のような画面で、瞬時に相場が変わるからまさにギャンブルそのもの。

それを知って楽しむのなら面白いと思うが、根拠なく値動きするから訳は分からない。

 

だいたい円ドル相場などの為替取引は、プロのトレーダーでも一番予測が難しという。

そんな通貨の取引に管理者もいないというのでは、ますます訳の分からない世界で、切った張った、損だ得だという欲望だけが渦巻く修羅の世界。

今となっては手を出さないのが賢明かと。

 

それにチャートを見てお分かりだろうが、相場自体が右肩下がり。

この先どこまで落ちるか、恐ろしい世界だ。

 

Edy の600円を惜しむような小心者では付き合えないネ。

今日は ”雑談” ということで。

ありがとうございました。

 

【追記】

今の国会で、政府日銀がデジタル通貨「e円 」の発行を検討していることを発表した。

もしこれが実現して、日銀の仮想通貨「e円 」というものが誕生すれば、今のビットコインやネムなどの仮想通貨は、信用力の差でとても太刀打ちできない。

そうなるとBTCなどは信用を一気に失って大暴落。

ネット上の藻屑となって消えていくと思うから、ゆめゆめ手を出さない方がいいかと。

余計なことと思ったけど、とんでもない目に合わないようにと書かせてもらいました。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました