料理は時短もしたいが手も抜きたくない【自宅】

 

 

私の家では料理に時間をかけない。

と言うか時間がなくて、時間がかけられないのだ。

 

時には半日かけて煮込み料理を作った、などという ”贅沢” な料理を作ってみたいが、そんな時間がない。

それ以前に、そんな料理を作る腕が無いというのが本当のところだけどね。

 

料理に時間はかけられないが、かと言って手は抜きたくない。

ましてや惣菜や店屋物などを並べてオシマイ、ということもしたくない。

こんな相反する命題を解決する技が、冷凍物を使うこと。

 

ちょっと大げさな前置きになってしまったけど、この日は奥殿の帰りが遅くなるとのことで、急遽私がコックをやることになったのだ。

で、使うのが冷凍の魚フライという訳。

 

揚げれば出来上がりという簡単お手軽なものなので、さっそく揚げる。

180℃の油で5分も揚げれば出来上がりだし、そこそこ美味しいから助かる。

 

その前に盛り付けの皿を用意する。

レタスを盛った丸皿には魚フライを、水菜を盛った角皿にはささ身マヨを盛る算段。

それにしても色気のない盛り付けで、この辺りは素人の悲しさで技がないね。

 

鶏のささ身に粉をまぶして焼き、用意したマヨネーズソースにドブ漬け。

時間がなくて急いで作っていたので、途中経過の画像が撮れなく、いきなりの完成画像で恐縮。

 

用意してあった水菜の上に盛れば、一丁上がり。

簡単に作った割には美味しそうではないか。

 

同じように白身魚フライも揚がったので、盛ってみた。

タルタルソースでもあれば見栄えもいいだろが、それを作る時間がなかったので、ささ身マヨのソースで代用してしまう。

 

他にはド定番のオニオンスライス。

今日は大葉を刻んでみたが、大葉の香りがいい感じ。

 

こちらも定番のニンジンのフラッペ。

それに冷蔵庫にあったポテトサラダを盛ってみた。

どちらも奥殿が作り置いてくれたものを盛っただけだ。

 

料理が出来ると同時に奥殿が帰ってきたので、早速一杯にする。

正確に測ったわけではないけど、ここまでで20分もかかっていない。

これが速いのか遅いのかは比べようもないけど、20分で出来れば速いのでは。

 

尤も私の場合は料理を作るというより、飲むためのアテを作るといった感じだけどね。

プッハ~、ビールが旨い。

 

それと鶏のささ身で作った ”ささ身マヨ” も、前回とは違ってジューシーな仕上がりで、上手く出来た。

やはりしっかりと火入れしてしまうのではなく、表面に焼き色が付けばいいという程度の方が美味しい。

もちろん海老で作ればもっと旨いが、経済のこともあるから、そうそう海老ばかりを使う訳にもいかない。

このささ身マヨで十分に美味しいと思うが、それだけ私は ”安上がりな男” なのかも知れない。

 

それはともかく、全体として急いで作った割には良いのでは。

と、いつもの自画自賛で恐縮です。

今夜も美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました