大根を買うつもりが「スマホ」を買ってきた?【その他】

 

 

もう数ヶ月も前からのことだが、スマホのガラス画面が浮いている。

機能的に問題はないのだが、画面の角が引っかかるし見た目もよろしくない。

そのうちには画面が外れてしまうのでは、という恐れもある。

 

原因はバッテリーの膨張とかで、ケースを開けてみた。

開けてみればやはりバッテリーが膨らんでいる。

 

ポッチャリと膨らんでいいて、こういうのを「ハマグリ現象」というとか。

ハマグリなら太っていて美味しそうでいいのだが、スマホのバッテリーでは困る。

 

こうなってしまうとバッテリーの交換しか方法はない。

幸いこのスマホ(ASUS ZenFone Go)は、バッテリーが簡単に交換できるタイプで、純正品でも三千円ぐらいで売っている。

 

と書けばバッテリーを交換してオシマイという他愛もない話なのだが、実はこのスマホの画面が浮いてきた時に「このスマホも寿命かな、」と勝手に決めていた。

なのでロクに原因も調べず、心は既に次のスマホに傾いていたのだ。

 

で、次期スマホの候補はと言えば、次の三機種。

  1. シャープ AQUOS SH-M05
  2. 富士通 ARROWS  M04
  3. ファーウェイ(Huawei)P20 Lite

いずれも3万円前後の機種。

1と2は日本製で、3は中華スマホだ。

 

この三機種の中では ARROWS が本命で、理由は耐衝撃性に優れ、それに防塵・防水仕様で、なんと洗える!

official

しかも ”おサイフケータイ” にも対応しているのは、さすが Made in Japan 。

 

奥殿に付き合ってスーパーへ買い出しに行った折、スマホの販売店に立ち寄りそこでスマホを見ていれば、販売員が「何かお探しですか?」と話しかけてきた。

ARROWS の実機を見に来ただけだったのだが、SIMフリーのスマホを探していると応えれば、こんなのはどうでしょうと見せられたのが ZenFone3 Max。

 

これが意外とカッコいいのだ。

FUJITSU の ARROWS と比べても薄くてデザインもよく、奥殿も「これ素敵じゃない」と言う。

しかも今なら 12,800円!でいいというではないか。

 

イチマン ニセン ハッピャクエン、何という心地よい響き。

思わず「コレ下さい」ということで、3分後にはレジに並んでいる私が居た。

 

大根を買いに来たのに、ついでにスマホを買ってしまうとは、自分でも呆れてしまう。

それくらいスマホが身近なモノになったということだが、数年前では考えられない。

 

これが大根のついでに買ってきた ZenFone3 Max。

早速セッティングだ。

 

ZenFoneばかり3台も使ってきたから、セッティングは慣れたもの。

左が今までのZenFone Goで、右が新しいZenFone3 Max。

外寸はほぼ同じだが、ZenFone3の方が薄いため持った感じは小さく感じる。

 

ボディーの色はメタリックグレイにした。

メタリック塗装されているので高級感がある。

 

ZenFone3の特徴としては、指紋認証ができること。

カメラのレンズの下にある四角いところが指紋認証のセンサーで、早速指紋を登録して使ってみたが、センサーの感度もよく1~2秒ほどで立ち上がる。

 

しかも指紋認証の場合は、ロック画面を飛ばしてホーム画面になるから、ワンアクションで済む。

指紋認証なのでパターンや暗証番号を覚えなくても、ロックの on-off が出来るのは頗る便利だし、安全でもある。

 

Androidはデータのほとんどがクラウドにあるため、データの移行をしなくても済むのは助かる。

電話番号やメールアドレスなども Google の Gmai に格納されているので、Google のアカウントに再登録すればそれで済みという簡単さ。

一杯飲みながらでも出来てしまった。

 

これで済めば一件落着だったのだが、スマホの箱を片付けた奥殿から衝撃のヒトコト。

ナント奥殿のスマホと同じ機種だったと言うオチ。

一番左が今回買った私の ZenFone3 でその隣が奥殿の ZenFone3。

色違いではあるけど同じ機種なのだ。

 

自分のスマホと同じものと気付かない奥殿の無頓着さというか、大らかさにビックリだけど、あまり細かいことに拘らないのはいい点なのかも知れない。

却って男の方がアレコレと細かいのかもしれないし、細かい男は嫌われるからネ。

 

最後には奥殿と同じスマホというオチまで付いたけど、これで新しいスマホになって嬉しい。

しかも12,800円で済んだのだからね。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました