京都蹴上・インクラインの桜 2016【京都市】

 

 

ついこの前まで寒かったのに、アッという間に春本番。

春といえば桜で、今年は京都へ桜を見に出かけた。

 

伊勢湾岸から東名阪、そこから新名神へとつないで甲南PAで一服。

IMGP4012

忍者の里・甲南とあるが、正確には甲賀が忍者のふる里。

市町村の広域合併で、甲賀や信楽、甲南などが合併して誕生した街が甲賀市なので、甲南が忍者の里と言うのも間違いではないが、ちょっとズレている気がする。

 

とは言え、忍者で繁盛している様子で店内はやたらと Ninja。

IMGP4015

IMGP4014

この際だから店員のユニフォームも忍者の服にしたら面白いと思うが、それはやり過ぎか。

 

先を急ぐからとバキューンと突っ走って、大津・浜大津駅着。

IMGP4018

京都まで行かないのは、激混みの京都の町中を車でウロウロすることを避け、この駅に車を停めて地下鉄で京都へ出る算段。

パーク&ライドで、これを使えば浜大津の駐車場も500円で停められるし、ワンデイチケット(1,000円)で、京都の地下鉄も乗り放題となる。

 

もう何度も使っているが、京都の町中も渋滞知らずに移動できとても楽。

IMGP4019

それに京都で駐車場に苦労しなくても済むしね。

 

驚いたのは京阪の電車。

なんと萌えキャラの痛電車。

IMGP4022

IMGP4021

IMGP4023

これに乗って通勤というのもナンだが、いい歳をしてこれを撮っている私もナンだ。

撮影している間、奥殿は近くに寄ってこなかったが、、

 

車内は至ってノーマル。

IMGP4025

乗ってしまえばごく普通の電車。

 

浜大津から蹴上までは20分で到着。

駅を降りれば目の前に広がるのは蹴上の浄水場。

IMGP4036

レンガ造りの塀や建物が歴史を感じさせる。

 

琵琶湖疏水沿いの桜も満開。

IMGP4029

道路は早くも渋滞気味。

京都の観光に車は全く不向きだ。

 

このトンネルの上を琵琶湖の疎水が流れている。

IMGP4157

何と読むのか分からないけど、通称 ”ねじりまんぽ” 。

捻れているから ”ねじりまんぽ” と言うらしいが、どこが捻れているかは知らない。

 

南禅寺へはこのトンネルを抜ければすぐでも、今日は桜がメインなので下流側に向かう。

IMGP4032

重厚感溢れるレンガ造りのトンネル。

 

満開の桜。

IMGP4033

9時前と時間が早いからか、観光客はまだ少ない。

 

萌えキャラ?

IMGP4037

コスプレの子のようだが、こんなのを撮っている私も好きモノ。

もしかすると本物のJKだったかもしれないけど、嫌そうな顔ではなく笑顔だったからヨシとしておこう。

 

インクラインが見えてきた。

IMGP4038

インクラインとは、疏水を水運で使っていた船が登れない急勾配の水路を、船ごと台車に乗せて登っていたもの。

早い話が船用のケーブルカーだ。

もちろん今は使われておらず、ここにあるのは展示用に復元されたものだが、実際に動いている姿が見てみたいものだ。

 

やって来ましたインクラインの線路。

IMGP4041

線路の幅はかなり広く、3m近くもある。

右の線路上にあるのがインクラインの台車。

 

こちらは下流側。

IMGP4047

この先が南禅寺の船溜まりになる。

 

桜には青空が似合う。

IMGP4045

IMGP4066

見えているのは疎水記念館。

 

ここが南禅寺の船溜まりで、対岸の右手側は動物園。

IMGP4061

左側のテントは疎水の観光船乗り場。

常時運行ではなくこの時期だけのものだが、当日券での乗船は2時間半待ちとのこと。

人気があるのね。

 

水辺の桜もいい雰囲気。

IMGP4065

ここから岡崎公園、平安神宮へ寄って三条へ行くのもいいし、白川沿いの桜を見ながら四条河原町へ出るのもいいけど、今日は南禅寺へ向かう。

 

インクラインの先が南禅寺方向。

IMGP4067

これでも混んでいると思ったが、こんなのは序の口で、この後激混みに遭遇することに。

 

桜を見ながら歩けば南禅寺はすぐ。

IMGP4043

中国語が多い。

 

南禅寺到着。

IMGP4081

奥殿が一服したいというので、コーヒータイムに。

 

Googleでカフェと検索すれば、すぐ近くにカフェがあるとのことで、そこへ行くことに。

ついでにGoogle Mapsの徒歩ナビでナビゲーションもしてくれるから、迷うこともない。

こういうシュチュエーションではGoogleは実に便利だ。

 

数分で着いたカフェ無門關。

IMGP4110

IMGP4109

ちょっと冴えないイメージ。

探せば他にもあるだろうけど、面倒なのでここに入る。

 

コーヒーが600円とは観光地価格。

IMGP4111

奥殿はケーキセット、私はコーヒーにドイツ産クロワッサンを付けたが、ドイツ産って輸入してるってこと?

 

店はリタイアした夫婦が趣味の延長でやっている感じ。

IMGP4113

観光地で地の利がいいからやっていけるのだろう。

 

カップ一杯に注がれたコーヒーとクロワッサン。

IMGP4119

酸味が効いたコーヒーはそれなりの味。

 

ドイツ産のクロワッサンは、バター控えめで塩気が強い。

ドイツの塩パンのような味だが、何もわざわざドイツ産に拘ることもないように思う。

日本のクロワッサンでもいいと思うけどね。

 

奥殿が選んだケーキセットの抹茶ロール。

IMGP4115

宇治の抹茶だそうだ。

奥殿は美味しかったよとのことで、ご同慶の至り。

それにしてもこれで1,800円(二人で)はやはり高く、観光地ならではだ。

 

この後南禅寺から蹴上の疎水に戻り、そこから錦市場へ向かうが、続きは次回ということで。

 

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました