上手く出来なくても男も料理をすべきと思う【自宅】

 

ただ今、奥殿風邪ひき中。

熱はないそうだが、声がアヒル声になっていて話すことも辛そうだし、体もだるそう。

そんな状態なので、晩ごはんは私が作ることにした。

 

私が作ると言っても大したスキルが有るわけではないから、出来るものも限られる。

なので調理を後押ししてくれる物を使うが、今日は唐揚げ粉でプッシュしてもらう。

 

使うのは日清の ”中華街のから揚げ粉”。

どんな味か分からなくても、美味しそうに思わせる名前。

商品は、名前だけでも売上げに響くだろうから、ネーミングは極めて重要だ。

 

鶏もも肉を適当に切り、水で溶いた唐揚げ粉に浸けて揚げるだけ。

唐揚げ粉は、粉の状態でまぶすタイプの物と、この唐揚げ粉のように水で溶いて揉み込むタイプとあるけど、水で溶いて揉み込むタイプの方が美味しい感じがする。

水で溶くタイプは手も汚れるしボウルも汚れるから面倒だけど、やはり旨いものを食べるには手間を掛けることが必要ということか。

 

唐揚げ粉を揉み込めば、後は揚げるだけ。

ジャーと揚げていくけど、美味しそうな音がいいね。

 

聞いた話だけど、台所が汚れるのを嫌って揚げ物を一切しない家庭もあるとか。

台所をキレイに保ちたいという気持ちは分かるけど、台所をキレイに保つために料理を制限するのは、勿体無いない気がする。

 

車で言うなら、雨の日は車が汚れるからと言って、雨の日に車を使わないのと同じこと。

汚れれば掃除すればいいだけの話で、食べたい料理をガンガン作ればいいと思うけどね。

 

揚げ物をしたからと言ってもそんなに汚れるものでもなく、今日の唐揚げでも大して油が飛び散ることもないし、部屋に油の匂いが充満することもない。

もちろん換気扇は回しているけど、それだけのことだ。

いい感じで揚がってきた。

 

もちろんこの唐揚げだけで済むはずもなく、ソーセージ炒めも作る。

用意した材料はこれ。

ソーセージはシャウエッセンが旨いけど、これはシャウエッセンもどきの物とか。

奥殿がシャウエッセンと間違えて買ってしまったのだけど、パッケージがそっくりだったので間違えてしまったようだ。

 

味の決め手は、いつものオイスターソース。

これを使うと別格の旨い料理になるから手放せない。

 

チャチャチャっと炒めてオイスターソースをかければ一丁上がり。

これが旨いのよね。

 

こちらはオニオンスライス。

マヨネーズと醤油ドレッシングをかけるのが最近のトレンド。

 

オニオンスライスの美味しさを左右するのは、タマネギの薄さにある。

薄く切れば食感も良くなるし、旨さも増す気がする。

なので少々時間はかかっても出来るだけ薄く切っている。

向こうが透けて見えるほど薄く切っていることが、お分かりいただけるだろうか。

 

薄くスライスするように切るためには包丁の切れ大事だけど、トゲールを使うようになってからは包丁の切れ味が抜群に良くて、タマネギを切ることが楽しいのだ。

スパッと切れる包丁で物を切るのは、実は快感なのだ。

 

料理もできたので、さっそく一杯。

飲むために作っているような気もするけど、それでいいと思う。

 


 

話が飛んでしまうけど、食事が作れないとイザというときに困ることになる。

 

以前奥殿が手を骨折して炊事・洗濯などの ”主婦業” が全く出来なくなった時があった。

数日のことなら問題ないが、これが数ヶ月に及ぶとなると死活問題になる。

 

一番の問題は食事だ。

自分だけなら外へ食べに行けば済むけど、それでは奥殿が食べられない。

 

やはり動ける私が作らなければならないが、幸い私は自炊していた事があるので、作ることには抵抗はない。

ただし経験が少ないので、例えば味噌汁一つ作るにも味噌の分量すら全く分からず、奥殿に付きっきりで ”ご指導” を受けながら作っていた。

 

他には洗濯もよく分からなかった。

洗濯そのものではなく、洗濯機の使い方が分からないのだ。

今の洗濯機はロボットのようなもので、ちゃんと設定してやれば全自動で出来る。

でもその設定が分からず、これも奥殿に ”ご指導” 願って覚えたものだ。

 

洗濯は洗濯機がやってくれるが、まだ干すという作業が残っている。

これが手間のかかることで、外干しして雨でも降られれば全てが台無しになってしまう。

奥殿が家に居ても手が使えないので急な雨でも取り込めないから、奥殿が現場復帰するまでの数ヶ月間は、全部乾燥機に放り込んでいた。

 

何やかやと数ヶ月間 ”主夫” をやっていたが、やってみて思ったのは ”主婦業” は大変なことということだ。

こうして突発的に自分でやらざるを得なくなることもあるから、男も炊事、洗濯ぐらいはやれるようにしておいた方がいいと思う。

 

”その時” に備えて、酒のツマミでもいいので、男が料理を覚えるのもいいことだ。

って、男の料理のすすめになってしまい、恐縮。

 


 

今夜も自作のアテで一杯が旨い。

例によってブラック&ホワイトのハーフ&ハーフ。

注ぎ方が下手っぴで、泡までハーフ&ハーフ。

 

唐揚げも上手く揚がっていて旨い。

唐揚げは丁寧に揚げるより、けっこう大胆に揚げたほうが上手く揚がる気がする。

皮パリッ、中ジューシーな出来で、今まで作った唐揚げの中で、今夜のものが一番うまくできた。

やはり経験を重ねるのが上達への早道ということか。

 

奥殿がご飯を炊き忘れてしまったので、〆は焼きそば。

まるちゃんの焼きそばだけど、ソースをオイスターソースに代えて仕上げている。

その方が美味しいからね。

 

今夜もごちそう様でした、美味しかった。

 

 

 

ランキングに参加してますのでクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました