東京では昼から営業している居酒屋が多いという【自宅】

 

 

今夜は奥殿が飲み会で外出中。

なので私も外食&外飲みでいいのだが、何処でもご自由にとなっても行く店が決まらない。

 

先ずは何を食べるかだ。

ラーメンやうどんでは一杯飲めないからパス。

洋食ならビールが美味しそうだけど、豊田市にはコレといった洋食屋が無い。

かと言ってファミレスは、行く気ゼロ。

この歳になると、しっとりと落ち着いて飲める店がいいのだ。

 

となると居酒屋か小料理屋あたりがいいのだが、これまた一人飲みに合う店となると選択肢が限られる。

美人女将のいる小料理屋ならば、一も二もなくすっ飛んで行くのだが、これもなかなか見当たらない。

 

寿司屋ならバッチリでも、この暑い中を移動するのも面倒。

などとご託を並べて、結局今夜も家飲みにした。

 

家飲みは気楽でいいのだが、最大のネックは自分で作らないと何も出ないこと。

落語家の春風亭昇太さんも家で飲む時は自分で作るのだが、その理由が ”作らないと死んじゃうから” というもの。

彼は独身なのでそういう究極の理由になるのだろうが、何れにしても食べる人と作る人が同じなのが辛い。

 

こんな状況なので、できるだけ簡単に済ますことにし、メインに餃子を焼いてみた。

もちろん餃子など作れないから、味の素の冷凍餃子だ。

弱火で、書いてある時間の倍以上の時間をかけて焼けば、こんがり&しっとりと焼ける。

今日はうまく焼けて美味しそう。

 

これは岡崎・マルヘイ商店のはんぺん。

炙れば美味しさも倍増するだろうけど、面倒なのでレンジでチンして大根おろしをかけただけ。

それでもはんぺん自体が旨いので、これでいける。

 

他にはいつものオニオンスライス。

タマネギをスライスしただけの単純な料理だけど、これが健康にもいいしお酒のアテにも合う。

 

今夜はこんなラインナップで、一人飲みの開始だ。

ホントはもう一品ぐらい欲しいところでも、作るのが面倒になって見切り発車。

 

初めはやっぱりビールでいってみよう。

う~ん、ビールが旨い。

夏はのど越しのいいビールが旨いね。

 

とは言えビールはお腹が張ってしまうのが難点。

なのでお次はお酒にチェンジ。

岐阜・瑞浪の小左衛門で、これは備前雄町。

小左衛門を代表するお酒で、小左衛門らしい味を味あわせてくれる。

かなりの頻度で飲んでいるけど、飽きの来ないスッキリとした味が好きなのだ。

 

録画してある吉田 類さんの ”酒場放浪記” を見ながら飲んでいれば、これが面白い。

ただ残念なことに、アテがなくなった。

誰もいないから自分で作らなければ何ともならないのだが、こういう状況が一番辛い。

少し酔っている感じのいい気分の時なので、作る気が起きないのだ。

 

頑張って作ったアテが冷や奴。

豆富を盛っただけなので、作った内に入らないか。

 

こちらはナスの煮浸し。

作り置きを盛っただけなので、これも作った内には入らない。

 

それでもアテがあることが嬉しい。

お酒も替えて、今度は百春でいってみる。

この百春も旨いお酒だ。

酒場放浪記を見ていると色々な店があるが、店の雰囲気とお客さんのイメージが合ってる。

夫々が合う店を見つけて、それが行きつけになり常連となれるのは、幸せだ。

 

東京は人が多いからか、昼から飲む人がとても多い気がする。

そのため昼から開いている飲み屋も多く、放映していた店も昼の12時からの営業とか。

昼の12時と言えばランチの時間なのだが、ランチに来ているのではなく飲みに来ているのだ。

 

そしてそこで飲んでいる客人の多くが、定年を過ぎた中高年。

昼から居酒屋で飲んではイカンという法はないが、家に居場所がないから来てるのか、やることがないから飲みに来ているのか、何れにしてもチョットという感じがする。

 

ただ彼らも寂しいから昼から飲みに来ているのだと思うと、単純に批判は出来ない。

私もその予備軍なのかもしれないのだから。

 

そんなことをツラツラと思いながら飲んでいれば、いい感じになってきた。

そろそろ〆ということで、店なら「天丼」とか言いたいところだが、ここは家なのでそんな訳にはいかない。

自分で作るしかない。

 

で、作ったのは蕎麦。

冷凍の蕎麦をレンジで解凍して冷水で〆れば出来上がりという、簡単なもの。

でもこれが侮れない旨さの蕎麦なのだ。

 

大根おろしをタップリかけて食べるスタイルは、越前そばに倣ったもの。

家では大ヒット中なのだ。

 

いや~、今日も美味しかった。

ごちそう様でした。

 

あ、洗い物もキレイに片付けましたよ。

出来たダンナだ。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました