持ちネタの少ない私が作る「鶏肉のミートソース煮」【自宅】

 

 

いつも言うことで恐縮だが、私の家ではご飯を作る人が決まっていない。

無論、奥殿が作ることが一番多いが、奥殿が忙しい時とか作る気がしない時などは私が担当する。

今夜がそんな日で、奥殿が忙しいため私がコックを務めることにした。

 

私は料理を作ることに抵抗は全く無い。

それどころか自分の好きなものが作れる(食べれる)から、好きと言ってもいい。

ただ料理のレパートリーが少なく、作るものが同じような物に偏ってしまうのが難点で、それが申し訳ない。

ま、そこら辺りは今後の課題ということで、張り切ってチーフコックだ。

 

作るものは「鶏もも肉のミートソース煮」。

登場回数が多いのは、レパートリーの少なさの証し。

 

使うものはママーのミートソース。

本来はパスタ用のソースだが、それを転用している。

 

使う材料はこちら。

タマネギ、ニンジン、しめじ、ほうれん草に鶏のもも肉。

 

それだけでは寂しいから、砂肝の山椒焼きも作る。

砂肝に塩をふって焼くだけなので簡単お手軽にできるが、これがビールのアテにはとても旨いひと品になる。

何を隠そう、奥殿の好きなひと品なのだ。

 

砂肝は魚焼きグリルで焼けば出来上がる。

ガスコンロのオート機能を使って自動で焼けるから、ほんとに楽。

しかも焼き加減もバッチリなので、とても助かる。

 

こちらはトン汁用の野菜スープ。

簡単に言えば ”野菜のスープストック” で、フランス料理で言えば ”フォン・ド・ボー” と言ったところ。

野菜を水から煮てストックしたもので、必要な量を小鍋にとり、それに味噌を加えてひと煮立ちすれば美味しい豚汁ができる。

 

どうしてこんなことをするのかと言えば、以前トン汁をたくさん作ったら酸っぱくなってしまい、捨ててしまうということがあった。

酸っぱくなった原因を調べたら、味噌そのものは保存食で日持ちするけど、味噌汁になると保存が効かないということらしい。

詳しくはこちらを   ⇒味噌汁が腐ると・・・

味噌汁は腐敗しやすいということなので、それを避けるために野菜の ”スープストック” を作って、それをベースにしてトン汁を作るようにしたのだ。

 

準備が整ったので、調理開始。

火を入れるだけなので、ここからは早い。

 

鶏肉を炒め、適当に火が入ったら野菜も炒めていく。

塩コショーも適当に。

野菜にも火が通ったら、ミートソースを入れてちょっと煮込む。

 

野菜をたくさん入れているからそのままでは味が足りず、出来上がる直前にオイスターソースで味を整えるのが、わたし流。

最後にほうれん草を入れて絡めれば、ハイ出来上がり。

 

盛り付けは相変わらず下手っぴ。

センターを外して偏ってしまっているが、まぁこんなもの。

 

早速ビールでカンパイだ。

プッハ~、初めの一杯は特に旨いね。

鶏肉のミートソース煮も、トマトの酸味とオイスターソースのコクが合わさって、美味。

奥殿からもとても美味しいとのことで、恐悦至極。

 

こちらは砂肝の山椒焼き。

単純に塩で焼いて山椒を振り掛けただけだが、シャキッとした食感でこれまた旨い。

油っ気がないので全くクドくなく、実に美味しいのだ。

 

ビールが進む。

ビールと言っても新ジャンルの麦とホップなのはいつものこと。

これで十分に満足出来るわたしは、安上がりな男なのだ。

 

レギュラーのオニオンスライスも、もちろん用意してある。

タマネギを極薄に切るだけで、美味しい一品に変身する。

しかも血液サラサラ効果もあるらしいから、健康にもいいしね。

 

欲を言えば新しいメニューが欲しいところ。

天ぷらなんていいけど、ハードル高いのかな?

 

今夜も美味しかった、ごちそう様。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました