浜松餃子の「紀楽」【浜松市細江町】

 

 

 

三ヶ日の蔵茶房「なつめ」を後にして、向かった先は旧細江町にある餃子の「紀楽」。

直行すれば10~20分ほどで着く距離だけど、それではツーリングになりません。

ここには「オレンジロード」という、ツーリングに最適な道があり、その道で行きます。

 

ただし相当な大回り。

2014y02m24d_112542140

三ヶ日から新東名の方に向かい、最終的にBの餃子屋に行きます。

 

 

 

さすがに温暖な浜松。

2月なのにオレンジロードにはたくさんのバイクが走ってて、まるでトレーニングでもしているかの様子。

 

こちらもそこそこの速度で走ってますが、こちらは四輪、彼らは二輪で、やはりバイクのスピードは段違いに早い。

速度差もあり背後からバイクが迫ってきたら、ウィンカーで「抜いてください」と合図してやれば、みんな綺麗に抜いていきます。

しかも彼らが例外なく「サンキュー」の意思表示の手合図をしていくところなぞ、抜かれてもとても気分がイイ。

スピードは出てますが、マナーはとてもいい連中なのです。

 

 

スピードも出ているため、画像は全く撮れません。

一枚だけオレンジロードらしく、ミカンの画像ですが、こんな画像ではどこの道なのかも分かりません。

浜名湖-044

有名な「三ヶ日みかん」の収穫は既に済んでいて、これはハッサク。

 

 

これではどんな道なのか分からないので、ネット上から画像を拝借。

_オレンジ7088

右側は浜名湖。

 

 

 

国民宿舎のあるところ。

オレンジロード-03be

アプダウンのきついヘアピンです。

 

 

 

みかん畑の中を駆け抜けていきます。

オレンジ-063

こんな雰囲気の「オレンジロード」です。

 

 

 

 

ワインディングロードを痛快に駆け抜け、金指という町から細江町に。

着いた店がここ「紀楽」。

浜名湖-045

午後も1時半だから空いているだろうと思って来ましたが、まだ三組ほどの待ちがあります。

 

 

 

同じ敷地内には、息子くんがやっているラーメン店「蔵前家」もあります。

浜名湖-046

こちらも待ち状態。

待ってる人に聞けば、このラーメン店にはラーメンしか無くて、餃子が食べたい人はお父さんのやている「紀楽」に行くしか無いとのこと。

 

いずれにしても、どちらの店もよく賑わってます。

 

 

 

で、「紀楽」です。

「紀楽」のメニュー。

浜名湖-056

待ち時間20分ほどでカウンター席に通されて、頼んだのはギョーザ特大(20個)とチャーハン。

 

待合室で、常連と覚しき人に何が美味しいか聞いてみたら「餃子はもちろんだけど、ホルモン(味噌焼きらしい)も美味しい、」ということだったので、ホルモンも頼んだけど、残念ながら売り切れていました。

 

 

 

ほどなく来たギョーザ特大(20個)。

浜名湖-053

こんがりと焼けた浜松餃子。

食べてみれば、これが旨い!

 

皮はパリッ、中の餡はジューシー。

その餡に味があって、甘みを感じる旨さ。

いつも家で食べているメーカー品の冷凍餃子とは違って、やはり旨い。

久しぶりに旨い餃子を味わってます。

 

 

 

こちらはチャーハン。

浜名湖-054

ちょっとオイリーだったけど、刻んだチャーシューが美味しい。

チャーシューの味が効いているためか、甘めの味。

これも旨い。

 

 

これで二人で1,520円。

安い、旨い、量が多いで、お腹パンパン。

よく流行る筈です。

浜名湖-050

この種の店にしては、珍しく全席禁煙なのも嬉しいところ。

 

 

◆ 店データ (情報は確認して下さい)
店名 : 餃子の店 「紀楽」
住所 : 浜松市北区細江町中川7172-1704
電話 : 053-523-1714
営業 : 11:00~14:30 / 16:00~21:00 / 月曜定休
紹介ページ ⇒ 食べログ

 

 

近くにあったら通ってますが、通うにはちょっと遠い。

それと店の床が油っぽくて滑りそうになった、、、もうちょっと綺麗にして欲しい。

 

 

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました