新登場の味の素「黒胡椒にんにく餃子」の味は?

新登場の味の素「黒胡椒にんにく餃子」の味は?

 

この日は餃子で一杯。

家では餃子が作れないので、餃子といえばいつも冷凍餃子で、ここ最近は味の素の冷凍餃子の一択。

 

これで十分に美味しく何の不満もないけど、この日は新たに登場した「黒胡椒にんにく餃子」とのこと。

見た目はいつもの冷凍餃子と全く変わらないが、果たして味はどうだろうか。

 

奥殿によればビールに合う餃子とのこと。

パッケージにもビールの画像が載っているぐらいなので、ビールとの相性に自信があるということか。

 

これは楽しみだと早速ビールで合わせてみた。

そして餃子をパクつけば、これが辛い。

胡椒辛いのだ。

 

大人の味といえばそうなのだが、かなり辛くそして癖のある味。

ハマる人にはハマるだろうが、辛い味に弱い奥殿は箸が進まない。

 

辛いのが嫌いでない私でも、ここまで辛いとちょっと難しい。

いつもの味の素の餃子の方がいいと思ったのが正直なところだ。

 

餃子だけではなく、作り置きの鶏手羽中の甘辛煮も出されている。

これは奥殿の好きなひと品だけど、作ったのは私。

 

すき焼きのタレを使った濃厚な甘辛の味で、今回はにんにくをたっぷり入れてあるので、コクのある味になっている。

辛いのが苦手な奥殿も、これは美味しいとのこと。

 

さっきの餃子はストレートな胡椒の辛さが前面に出ていて、真っ直ぐな辛さと言える。

青森県産のにんにくを使っていると書いてあるけど、何故かにんにくの味が感じられない。

黒胡椒の強烈な味にニンニクが負けているのかも。

さっきも書いたけど、この味は我々には合わなかった。

 

この後はあんかけで仕上げた卵焼きでご飯に。

胡椒辛い餃子と濃厚な甘辛の手羽先煮と違って、優しい味の卵焼きに箸が落ち着く。

尖った味の料理もいいけど、穏やかな味がいいのは歳を重ねた証拠か。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。


 

少し前のブログに、家の椿は花があまり咲かないと書いたら、ある方からそれは肥料が足りないためではとのご指摘があった。

その方は i・i 子さんという方で、その方の家の椿も花が咲かなかったが、油かすを与えたら翌年から花が咲くようになったとのこと。

 

i 子さんにお礼のメールを差し上げたのだが、メールアドレスをお書き間違いになられたようで、お礼のメールが届かなかったので、この場を借りてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました